ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 交通基盤 > 道路 > [通行規制]小石原川ダム建設に伴う国道500号迂回期間延長について

本文

[通行規制]小石原川ダム建設に伴う国道500号迂回期間延長について

更新日:2020年3月26日更新 印刷

 (独)水資源機構が施工している小石原ダムの工事及び国道500号の付替道路建設のため、朝倉市江川から東峰村大字小石原(塔ノ瀬)区間を令和2年3月31日迄の迂回をお願いしておりましたが、昨年の大雨による地すべり対策工事のため下記の通り迂回期間が延長になりますのでお知らせします。

 昨年被災した箇所について、専門家と調査したところ、地すべりが広範囲に及ぶことが判明し、その対策工事に期間を要することから、下記の通り国道500号の迂回期間を延長せざるを得なくなりました。

 国道500号をご利用される方にはご不便ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をお願いします。

 1.ダム等工事の場所

朝倉市江川~東峰村大字小石原(塔ノ瀬)

 2.迂回期間

平成28年4月1日~令和2年11月30日(8ヶ月間延長)

問い合わせ先

 独立行政法人 水資源機構 朝倉総合事業所

 電話番号 0946‐23-8171

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)