ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 観光・物産 > 物産振興・地場産業 > 第43回福岡県伝統的工芸品展を視察しました

本文

第43回福岡県伝統的工芸品展を視察しました

更新日:2019年9月17日更新 印刷

 9月16日、小川知事が福岡市で9月14日から16日にかけて開催された「第43回福岡県伝統的工芸品展」を訪問し、会場に展示された福岡県の伝統的工芸品を視察しました。
 今回の工芸品展では、県内の国指定伝統的工芸品(博多織、博多人形、久留米絣、小石原焼、八女福島仏壇、上野焼、八女提灯)に加え、県知事指定特産民工芸品34品目の展示・販売を行いました。また、前日には会場内において、KIMONOプロジェクト「新作グアムのKIMONO」のお披露目会が開催されました。

※KIMONOプロジェクトとは、日本の卓越した染色や技の技術を用いて、世界213の国・地域をテーマとした着物を制作することで日本の伝統産業の振興を図る取り組み。来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、2014年から一般社団法人イマジンワンワールドにより進められている。

博多織の作品を前に、関係者と記念撮影を行いました

(博多織ブースの前で 写真左から)博多織工業組合 西村副理事長、知事、福岡県伝統的工芸品振興振興協議会 寺嶋会長、博多織工業組合 原田副理事長

博多人形の作品を前に、関係者と記念撮影を行いました

(博多人形ブースの前で 写真左から)福岡県伝統的工芸品振興振興協議会 寺嶋会長、知事、博多人形商工業協同組合 川崎副理事長 

※川崎副理事長の「崎」は、「山へん」に「立」に「可」です。

久留米絣の作品を前に、関係者と記念撮影を行いました

(久留米絣ブースの前で 写真左から)福岡県伝統的工芸品振興振興協議会 寺嶋会長、知事、久留米絣協同組合の皆さん

小石原焼の作品を前に、関係者と記念撮影を行いました

(小石原焼ブースの前で 写真左から)小石原焼陶器協同組合 柳瀬理事長、福岡県知事賞受賞の鬼丸豊喜さん、知事、福岡県伝統的工芸品振興振興協議会 寺嶋会長

※柳瀬理事長の「柳」は、「木へん」に「夕」に「ふしづくり」です。

八女福島仏壇の作品の前で、関係者と記念撮影を行いました

(八女福島仏壇ブースの前で 写真左から)八女福島仏壇仏具協同組合 鶴理事長、九州経済産業局長賞受賞の木佐木秀一さん、知事、福岡県伝統的工芸品振興振興協議会 寺嶋会長

上野焼の作品を前に、関係者と記念撮影を行いました

(上野焼ブースの前で 写真左から)福岡県伝統的工芸品振興振興協議会 寺嶋会長、知事、上野焼協同組合の皆さんと

八女提灯の作品を前に、関係者と記念撮影を行いました

(八女提灯ブースの前で 写真左から)福岡県伝統的工芸品振興振興協議会 寺嶋会長、知事、八女福島仏壇仏具協同組合 鶴理事長

小石原焼のろくろ体験に参加された方と記念撮影を行いました

(写真)小石原焼ろくろ体験の参加者と

同日お披露目された新作グアムのKIMONOの前で記念撮影を行いました

(写真)KIMONOプロジェクト「新作グアムのKIMONO」の前で(着物:久留米絣、帯:博多織)

会場は多くの来場者でにぎわいました

(写真)会場の様子

関連情報

 福岡の伝統工芸品ホームページ(新しいウインドウで開きます)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。