ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 医療 > 国民健康保険 > 平成28年熊本地震で被災された方々への国民健康保険・後期高齢者医療制度についてのお知らせ

本文

平成28年熊本地震で被災された方々への国民健康保険・後期高齢者医療制度についてのお知らせ

更新日:2016年5月16日更新 印刷

 この度の熊本地震により被災された方々に関しては、次のとおり対応できることとなっております。

1.被保険者証の提示がなくても保険診療が受けられます

 被災により、被保険者証を紛失または自宅等に残したまま避難し、医療機関等で提示できない場合でも、下記の情報を医療機関等に伝えていただければ保険診療が受けられます。

 

(1)氏名

(2)生年月日

(3)連絡先(電話番号)

(4)加入している医療保険者がわかる情報(国民健康保険の場合は住所と組合名、後期高齢者医療制度の場合は住所)

 

 

2.一部負担金等を支払わずに受診が可能です

 熊本県全域の市町村国民健康保険及び熊本県後期高齢者医療制度に加入されている方で、次の(1)~(3)のいずれかに該当する旨を医療機関等に申告することで、一部負担金の支払いが猶予されます。

 また、一部負担金の減免を受けられる場合がありますので、市町村役場にご相談ください。

 

(1)住家の全半壊、全半焼又はこれに準ずる被災ををした旨

(2)主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負ったり、行方不明である旨

(3)主たる生計維持者が業務を休止・廃止した旨や失職して現在収入がない旨

 

3.保険料(税)の徴収猶予、減免を受けることが可能です

 保険料(税)の徴収猶予、減免を受けられる場合がありますので、市町村役場にご相談ください。

4.転入世帯については、被保険者資格認定手続きが一部簡略化されました

 転出した市町村からの転出証明書が提出できない場合、被保険者資格の認定を次のとおり行います。

 

(1)国民健康保険や後期高齢者医療制度の被保険者証により資格認定を行います。

(2)被保険者証を持参しておらず、転出した市町村等との連絡がとれない場合には、転入する市町村窓口での聞き取り等の方法により被保険者資格の認定が可能です。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)