ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 感染症情報 > 9月24日から9月30日は結核予防週間です

本文

9月24日から9月30日は結核予防週間です

更新日:2021年9月22日更新 印刷

9月24日から9月30日は結核予防週間です

結核は、今でも年間約13,000人の新しい患者が発生し、約2,000人が命を落としています。

県では、県民の皆様に結核の正しい知識を身につけていただくことを目的に、「結核予防週間」にあわせ、ポスターやパンフレット等を配布し、予防啓発を行います。

また、9月24日から9月30日の間には、県庁のロビーに結核についてや結核予防に関するパネル等を展示する県庁ロビー展を実施します。

県庁ロビー展

 

令和2年福岡県の結核患者の現状

(1)患者の発生状況

一年間で結核と診断された患者数(新規登録結核患者数)

512人(全国12,739人)

り患率(人口10万人対の新規登録結核患者数)

10.0(全国10.1)

(2)患者の年齢

 結核患者の約7割を70歳以上の高齢者が占めています。

令和2年福岡県新規登録結核患者の年代別内訳

 

結核の予防及び早期発見のために必要なこと

早期発見・早期治療が大切!

結核の症状は風邪とよく似ています。異なるのはそれらの症状が長引くことです。

咳やたん、微熱、倦怠感(体のだるさ)などが2週間以上続く場合は、結核の可能性があります。

いつもの「風邪」と決めつけてしまわずに、早めに医療機関を受診しましょう。

結核と診断されても、治療を始めれば1~2ヶ月で周りの人に感染させることはなくなり、6ヶ月~9ヶ月の治療期間、医師の指示通り毎日薬を飲めば治ります。

定期的に、胸部エックス線検査等による健康診断を受けましょう。

昨年以降、新型コロナウイルス感染症の影響により医療機関への受診控えや結核健康診断の受診率が低下しています。

結核の症状には特徴的なものがなく、早期には目立たないことが多いため、とくに高齢者では気づかないうちに進行してしますことがあります。

胸部エックス線検査等による健康診断を受けて、結核を早期発見できれば、本人の重症化を防げるだけではなく、大切な家族や友人等への感染拡大を防ぐことができます。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。