ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 子ども・青少年 > 子ども・家庭相談 > 「子どもの安全確認チェックリスト」及び「緊急度アセスメントシート」について

本文

「子どもの安全確認チェックリスト」及び「緊急度アセスメントシート」について

更新日:2021年7月1日更新 印刷

 子どもや保護者への支援に際しては、子どもが心身ともに健やかに養育されるよう、市町村と都道府県の役割が明確化された児童福祉法の趣旨を踏まえ、児童相談所と市町村の相互の役割を理解し、その機能を有効に活用することが重要です。

 特に、児童虐待防止においては、早期発見・早期対応のみならず、発生予防から虐待を受けた子どもの自立に至るまでの各段階において、子どもの権利擁護という理念に立脚した多様な関係機関による支援に一層取り組んでいく必要があり、事案の状況に応じて、児童相談所と市町村の間での協働・連携・役割分担を適宜適切に行っていくことが望まれます。

 このため、県は、児童相談所と市町村が通告等により受理した「児童虐待」又は「児童虐待が疑われる」ケースに関して、共通理解や円滑な情報共有を図り、役割分担を行う指標となる共通のリスクアセスメントツールを作成しましたのでお知らせします。

緊急度アセスメントシート及び子どもの安全確認チェックリストについて [PDFファイル/328KB]

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)