ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 自然環境 > 環境影響評価 > 福岡県環境影響評価条例施行規則等の改正について

本文

福岡県環境影響評価条例施行規則等の改正について

更新日:2020年7月1日更新 印刷

改正の理由

 平成30年7月に閣議決定したエネルギー基本計画では、太陽光発電事業などの再生可能エネルギーについて、長期安定的な主力電源として、円滑な大量導入に向けた取組みを引き続き積極的に推進することとされました。

 その一方で、大規模な太陽光発電事業の実施に伴い、土砂の流出や濁水の発生などの問題が生じていることから、環境省は、「環境影響評価法施行令」を改正し、令和2年4月から太陽光発電事業を法の対象とすることにしました。

 これを踏まえて、本県におきましても太陽光発電事業を「福岡県環境影響評価条例」の対象とするものです。

 また、条例に基づく環境影響評価の技術的事項を示した「福岡県環境影響評価技術指針」を改正し、太陽光発電事業に関する事項を追加します。

 

主な改正の内容

1 福岡県環境影響評価条例施行規則

 大規模な太陽光発電事業については、土砂流出や濁水の発生、景観への影響、動植物の生息・生育環境の悪化などの環境影響が生じている事例があることから、令和2年4月から法の対象事業に追加されたところです。

 本県でも、環境影響評価制度が法と条例の一体的な運用により形成されていることから、条例に基づく環境影響評価の対象事業に「太陽電池発電所」を追加しました。

 条例対象事業の規模要件は、太陽光発電事業が与える環境影響が、土地区画整理事業や宅地造成事業などの大規模な面的開発に伴う問題と同様のものとなるため、他の面的開発の指標と同様に、50ha以上の開発を伴う設置となります。
(太陽電池の設置面積だけでなく、付随する施設場所や管理用地なども含まれます。)

2 福岡県環境影響評価技術指針

 本県では、条例に基づく環境影響評価を行うにあたっては、これが合理的な方法により適切に実施されるように、技術的事項を規定した「福岡県環境影響評価技術指針」を定めています。

 「技術指針」は、国が定める「基本的事項」と発電所に係る「主務省令」を踏まえて策定していますが、今回の太陽光発電事業の法対象への追加に伴い行われた「主務省令」の改正を踏まえて検討を行い、「技術指針」を改正しました。

施行日

 令和2年7月1日に施行されました。

改正規則等

福岡県環境影響評価条例施行規則 新旧対照表 [PDFファイル/97KB]

福岡県環境影響評価技術指針 新旧対照表 [PDFファイル/1.11MB]

環境影響評価制度の仕組み(対象事業と手続について)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)