ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 雇用・労働 > 労働者保護 > 連合福岡から「2019年度政策・制度要求」の申し入れが行われました

本文

連合福岡から「2019年度政策・制度要求」の申し入れが行われました

更新日:2019年8月13日更新 印刷

 8月9日、日本労働組合総連合会福岡県連合会(連合福岡)から、県に対する「2019年度政策・制度要求」の申し入れが行われました。

 要求書を知事に手渡した西村会長は、「本年の政策制度要求は6つの大項目、そして40の要求にまとめてまいりました。県民幸福度日本一を目指して、今回の要求を真摯に受け止めてご対応いただきますようお願い申し上げたい」とあいさつしました。

 知事は、誰もが働きやすい労働環境をつくっていくため、県内の企業に有給休暇の取得や定時退社など働き方改革に取り組んでいただく「ふくおか・よかばい・かえるばいキャンペーン」に加え、今年度から新たに、モデル企業を選定し、働き方改革の先駆的な取り組みを紹介する事業を実施することに触れるとともに、申し入れに対し、「今後の県政運営や予算編成の中で、しっかり検討させていただきたい」と述べました。

要求書手交の様子
(写真)要求書手交の様子

あいさつする西村会長
(写真)あいさつする西村会長

あいさつする知事
(写真)あいさつする知事

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。