ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 防災・国民保護 > 災害情報 > 平成29年7月九州北部豪雨の被災地を視察しました

本文

平成29年7月九州北部豪雨の被災地を視察しました

更新日:2019年6月3日更新 印刷

 6月2日、小川知事は、栗原渉 福岡県議会議長、中嶋玲子 福岡県議会議員と共に、平成29年7月九州北部豪雨の被災地である朝倉市と東峰村を視察しました。
 災害公営住宅(仮称)頓田団地工事現場や桂川河川改良復旧工事現場を視察した他、杷木地域生涯学習センターおよび朝倉市内のイチゴハウスで被災者や営農再開農家と面談を行いました。また、朝倉市役所や東峰村仮設住宅において、それぞれ朝倉市長、東峰村長と面会し、その後被災者と面談しました。 

朝倉市役所で説明を受ける知事

(写真)説明を受ける様子(朝倉市役所)

朝倉市頓田で工事中の仮設住宅の説明を受ける知事

(写真)説明を受ける様子(朝倉市災害公営住宅(仮称)頓田団地)

桂川の復旧工事について説明を受ける知事

(写真)説明を受ける様子(朝倉市桂川付近)

杷木地域生涯学習センターで被災者と面談する知事

(写真)被災者との面談の様子(朝倉市杷木地域生涯学習センター)

農家の方から説明を受ける知事

(写真)説明を受ける様子(朝倉市杷木古賀のイチゴハウス)

東峰村で被災者と面談する知事

(写真)被災者との面談の様子(東峰村仮設住宅)

面談後、報道陣の取材に対応する知事

(写真)取材を受ける様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。