ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 子ども・青少年 > 青少年アンビシャス運動 > 令和元年度アンビシャス外国留学奨学生決定証交付式を行いました

本文

令和元年度アンビシャス外国留学奨学生決定証交付式を行いました

更新日:2019年7月30日更新 印刷

 福岡県では、豊かな心、幅広い視野、それぞれの志を持つたくましい青少年の外国大学等への留学を支援し、国際的に活躍する人材の育成を進めています。

 7月30日、福岡県アンビシャス外国留学奨学生決定証交付式が行われ、奨学生(第11期)に選ばれた足立栞里さん、谷垣美月さん、渡口優紀さんに小川知事から決定証が交付されました。

 知事は、「皆さんのような若い方は、我々の地域、福岡県、そして、日本、世界を担っていく世代です。海外から日本あるいはアジアを見る、考えることを心がけ、経験したこと、考えていること、その状況を広く周りの人に知らせ、皆さんの後に続く人たちのロールモデルになるように頑張っていただきたいと思います」と激励しました。

 今秋から、足立さんはゴールドスミス大学(英国)、谷垣さんはセントアンドリュース大学(米国ノースカロライナ州)、渡口さんはニューヨーク州立大学ジェネセオ校(米国ニューヨーク州)で、留学生活を始めます。

福岡県アンビシャス外国留学小学生決定証を交付する知事

(写真)決定証交付の様子

奨学生に選ばれた足立さん、谷垣さん、渡口さんと知事の記念写真

(写真左から)足立さん、谷垣さん、知事、渡口さん

奨学生と懇談する知事

(写真)奨学生と懇談する知事

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。