ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 自然環境 > 鳥獣保護 > 第12次鳥獣保護管理事業計画について

本文

第12次鳥獣保護管理事業計画について

更新日:2018年3月30日更新 印刷

1 第12次鳥獣保護管理事業計画とは

 鳥獣保護管理事業計画は、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号。)第4条第1項の規定に基づき、環境大臣が定める「鳥獣の保護及び管理を図るための事業を実施するための基本的な指針」に即して都道府県知事が定めることとされている鳥獣保護管理事業の実施に関する計画をいい、鳥獣保護区等に関することや、鳥獣の捕獲等の許可に関すること、普及啓発や実施体制に関することについて定めることとなっています。

2 第12次鳥獣保護管理事業計画の内容

(1) 計画の期間

 平成29年4月1日(平成30年4月変更)から平成34年3月31日まで
 

(2) 計画の内容

(3) 計画の変更

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)