ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 介護・高齢者福祉 > 計画・高齢者人口・見守り施策等 > 令和元年度新100歳となる實政ウメコさんを訪問しました

本文

令和元年度新100歳となる實政ウメコさんを訪問しました

更新日:2019年9月17日更新 印刷

 9月15日の「老人の日」、小川知事が今年度100歳を迎えられる實政(さねまさ)ウメコさん(田川市在住)を訪問し、祝状と記念品を手渡しました。

 實政さんは田川郡香春町生まれ。石炭関係の会社の事務をされた後、夫の勤め先である満州に移住。妊娠を機に帰国されました。裁縫の仕事などをされた後、ガス関係の有限会社を設立され、100歳になる今でもアパートの経営をするなど、元気に過ごされています。長寿の秘訣は自作の「生姜紅茶」を毎日飲むこと。趣味はお酒と読書で、政治の本が面白いと笑顔をこぼされました。訪問当日は、お孫さんや親族の方々に囲まれて祝福を受けられました。

  知事は、「我々の方が元気をもらいました。これからも健康に留意されてお健やかにお過ごしください」とお祝いの言葉を掛けました。

知事と實政さん
(写真左から)知事、實政さん

関係者の皆さんと
(写真左から)佐々木允 福岡県議会議員、知事、實政さん、ご親族、二場公人 田川市長、梅林史 田川市議会議員

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。