ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > アイカメラを活用し栽培技術の習得を支援しています(南筑後普及指導センター現地情報No.8)

本文

アイカメラを活用し栽培技術の習得を支援しています(南筑後普及指導センター現地情報No.8)

更新日:2024年7月5日更新 印刷

温州ミカンの摘果動画を作成・配信

南筑後普及指導センターでは今年度、JAみなみ筑後と連携し、温州ミカンの摘果作業動画を作成しました。

温州ミカンは、樹に成る果実の量が多すぎると、果実が大きくならず小玉になったり、翌年樹に果実がつきにくくなるなど、生産面での問題が生じます。

こうしたことを防ぐため、不要な果実を間引く「摘果」という作業を行います。摘果は、品種や樹の状態、果実の成り具合で、「どの程度」、「どのような果実を間引くか」が変わり、慣れていない人にとっては難しい作業です。

そこで、南筑後普及指導センターでは、作業者の目線を見える化するスマート機器(アイカメラ)を活用し、摘果の仕方を1分程度で解説する動画を作成しました。動画は、JAみなみ筑後柑橘部会が導入しているクラウドサービス「nimaru(ニマル)」を活用し、農家へ配信しています。動画にすることで、いつでもどこでも摘果の方法を確認でき、また被雇用者への作業説明にも活用できるというメリットがあります。

普及指導センターでは、今後も関係機関と連携しスマート機器の活用を図り、農家の技術習得、技術継承を支援していきます。

アイカメラを使った動画撮影
ニマルでの動画の配信
ニマルでの動画の配信

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。