ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 普及指導センター > 福岡県南筑後普及指導センター > 大川市で水稲基礎講座を開催(南筑後普及指導センター現地情報No.5)

本文

大川市で水稲基礎講座を開催(南筑後普及指導センター現地情報No.5)

更新日:2024年6月6日更新 印刷

―水稲栽培の基礎知識を習得―

 大川集落営農法人事務局(JA・市・普及指導センター)は、5月30日、JA福岡大城大川支店において、集落営農法人のオペレータ等を対象に「水稲基礎講座」を開催しました。
 当講座は、集落営農法人と面談する中で、新しく入ったオペレータから「専門用語が分からない」「管理作業の意味を知りたい」等の悩みが聞かれたため、オペレータが水稲栽培の基礎知識を学ぶために昨年度から始まりました。
 今回は全4回目の3回目で、法人のオペレータや個別農家の後継予定者など、水稲の栽培経験が浅い方を中心に12名が集まりました。
 講座では、普及指導センターから、育苗から田植えまでの作業や田植え後の水管理について、「なぜ行うのか」、「なぜこのタイミングなのか」という観点から説明しました。
 参加者からは「中干しは強めにしないといけないと聞いた」や「除草剤の成分は散布後どのように処理層を作るのか」といった質問がありました。「この講座をもっと早く受けられたらよかった」との感想も聞かれました。
 管内の水田農業の担い手は、高齢化が進んでおり、技術の継承も課題となっています。普及指導センターでは今後も、関係機関と連携し、水田農業の経営発展に向けた支援や企画を行っていきます。

スライドを使用しての説明
説明資料の一部

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。