ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > キクICTグループ現地検討会を開催

本文

キクICTグループ現地検討会を開催

更新日:2023年1月12日更新 印刷

「キクICTグループ」とは、八女普及指導センターが、JAふくおか八女の2つのキク組織(電照菊部会、プリンセスマム部会)に声をかけ、キクのICT技術に関心のある生産者を集めて2年前に結成された研究グループです。今年度は令和4年12月12日に第1回目の現地検討会を行い、生産者と関係機関(JA、専門技術指導員、農林総合試験場)合せて13名が参加しました。

検討会では、本年度の炭酸ガス施用展示ほについて普及指導センターから説明を行った後、局所施用及び炭酸ガス施用機器を導入した生産者のほ場4か所を巡回し、施用効果を最大化するハウス内環境制御について意見交換を行いました。巡回後、普及センターから、農研機構が開発したイチゴの高濃度炭酸ガス局所施用及び関連技術や他県での取り組み事例を紹介しました。また、専門技術指導員からも環境制御関連情報の提供を受けました。

参加した生産者からは効果が期待される自動開閉と連動した局所施用技術について高い関心があり、導入の是非について継続した検討が必要との声が聞かれました。

普及指導センターは、炭酸ガス施用技術の普及による農家所得向上を目指して、関係機関と連携し、今後も活発なグループ活動が出来るように支援していきます。

現地検討会の説明
現地巡回の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。