ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > インボイス制度対策と社会保険制度に関する学習会を開催

本文

インボイス制度対策と社会保険制度に関する学習会を開催

更新日:2023年1月4日更新 印刷

~法人組織の体制強化に向けて~

令和4年12月13日、農事組合法人 百世事務所において、組合長・役員など13名を対象に、令和5年10月から開始されるインボイス制度対策と社会保険制度導入に向けての学習会を実施しました。

 

アドバイザーとして永松税理士、下川特定社会保険労務士を迎え、「消費税インボイス制度開始による農業者への影響」と「社会保険加入のメリット・デメリット」について講演いただきました。

講演では、インボイス制度の開始による影響を、実際の法人の支出状況を基に、具体的な数字を提示しながらの説明があり、参加者からは「具体的な対策について助言してほしい」など、今後の法人運営に向けての対応について活発な質疑応答が行われました。

また、健康保険や厚生年金保険への加入により、傷病手当金の支給や老齢年金額の上乗せなどメリットもある反面、法人の保険料負担などの説明もあり、参加者からは「社会保険制度の導入は、将来の担い手確保のためにもしっかり検討していきたい」との意見が聞かれました。

 

八女普及指導センターでは今後も関係機関と連携し、法人組織の体制強化に向けた支援を行っていきます。

講師によるインボイス制度の説明
熱心に聞く法人役員

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。