ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > ブドウ高品質生産に向けて

本文

ブドウ高品質生産に向けて

更新日:2022年5月12日更新 印刷

環境測定装置設置によるデータの見える化

管内は県内有数のブドウ産地であり、「巨峰」の12月から加温する作型(以下、超早期加温)は5月より出荷が始まっています。超早期加温では、気温や湿度など施設内環境制御の難易度が高いうえ、長年の経験や勘に頼りがちであるため、環境データの見える化が課題となっています。この対策として、トマトやナス等の施設園芸で活用されている環境測定装置の導入が考えられますが、ブドウ等の果樹栽培では導入及び活用事例がごく限られているのが現状です。

そこで、普及指導センターでは、関係機関と連携して管内の超早期加温園地に環境測定装置(はかる蔵)を設置し、調査を行っています。現在は、気温・湿度などの環境データの収集及び蓄積等が中心ですが、将来的にはこれらのデータ分析を通じて、品質向上に向けた施設内環境制御技術の確立を目指していきます。

普及指導センターは、今後も関係機関と連携し、データの見える化を通じた高品質生産に向けた支援を行っていきます。

ブドウ園地に設置された環境測定装置
ハウス環境データの一例

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。