ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 花き若手生産者が労務管理について学ぶ

本文

花き若手生産者が労務管理について学ぶ

更新日:2022年11月24日更新 印刷

 久留米普及指導センターでは、11月16日に管内の花き若手生産者の経営力向上を目的に「久留米地域花き若手生産者研修会」を開催しました。

 当日は、生産者6名が参加し、講師の下川博大社会保険労務士(しもかわ社労士事務所)から、安全配慮義務、労災保険、5S運動(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)等をテーマに講義を受けました。

 また、福岡県農業共済組合筑後川流域支所の担当者から、収入保険に関する説明も行っていただきました。

 参加者からは、「今後の雇用導入に向けて、労災保険について詳しい話が聞くことができて良かった」、「5S運動はすぐに取り組みたい」等の感想が聞かれ関心の高さが伺えました。

普及指導センターでは関係機関と連携し、若手の生産者を対象とした研修会を定期的に開催し栽培技術の向上や経営参画を支援していきます。

研修会の様子
収入保険の説明

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。