ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 全共出品候補牛の巡回調査会を開催

本文

全共出品候補牛の巡回調査会を開催

更新日:2022年6月7日更新 印刷

- いよいよ本年!和牛全共”種牛の部”初出品に向けて! -

 いよいよ、本年10月に鹿児島県で第12回全国和牛能力共進会が開催されます。

 福岡県では、前回第11回宮城大会「肉牛の部」初出場に続き、今回は「種牛の部」においても初出場を予定しています。

 久留米地域和牛改良組合(事務局:久留米普及指導センター)では、歴史も経験も無く手探り状態ではありましたが、『「種牛の部」の代表になること!』を目標に掲げ、興味のある若手を中心に過去3回の県肉用種牛共進会等へ我が家の雌牛を出品し、その資質や育成技術を競い合って頑張ってきています。

 今回、5月31日に(公社)福岡県畜産協会の芳野参事を招き、「種牛の部」候補資格のある7農場13頭の出品候補牛の成育状況を確認する巡回調査会を実施し、「優れている点」と「要改善点」とを具体的に助言いただきました。出来る改善は早々に取り組んでもらい、1か月後の巡回において再度確認していきます。

 県の代表牛を選ぶ最終審査会は8月6日(土)で、あと2か月後となっています。

 普及指導センターでは、候補牛たちの出品に向けた飼育管理・調教等について支援していきます。

体側:体の伸びを確認
「発育良好!」 指導・助言の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。