ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > No.4未来ある朝倉地域での新規就農に向けて

本文

No.4未来ある朝倉地域での新規就農に向けて

更新日:2022年6月27日更新 印刷

JA筑前あさくら新規就農センター令和3年度閉講式及び令和4年度開講式開催

 朝倉地域担い手・産地育成協議会(JA、市町村、普及指導センターなど関係機関で構成)は農業経営者育成の教育機関として、就農に向けて必要な技術等を習得するための研修を実施しています。

 6月1日、研修生派遣先であるJA筑前あさくら新規就農支援センターにおいて、令和3年度閉講式及び令和4年度開講式が開催され、3年度研修生3名、4年度研修生6名が出席しました。

 閉講式では修了証書の授与及び研修成果報告が行われ、令和3年度研修生が就農に際しての現在の状況や農業に向けた熱い想いを発表しました。

 開講式では研修カリキュラム内容や注意事項の説明を行いました。その後、令和4年度研修生が就農を決意した経緯や目標とする理想の農家像を発表し、普及指導センター長が激励の言葉を送りました。

 朝倉普及指導センターでは今後も関係機関と連携しながら支援を行い、地域農業の核となる担い手の育成に取り組みます。

閉講式及び開講式の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。