ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 輪ギク若手生産者の経営改善と継承に向けて

本文

輪ギク若手生産者の経営改善と継承に向けて

更新日:2021年6月25日更新 印刷

JAふくおか八女電照菊部会青年部研修会を開催

普及指導センターでは、JAふくおか八女電照菊部会青年部を対象に、経営改善と継承に向けた研修会を令和3年6月16日に開催し、20名の青年部員が参加しました。

研修会の前半では、現地ほ場で現在課題となっているほ場の排水性対策を学びました。普及指導センターから穴あけ機による排水性改善方法と効果について説明を行った後に、参加した青年部員が実演しました。

その後、「経営継承」をテーマに講演及び意見交換を行いました。普及指導センターから経営継承・発展支援事業の説明をした後、実際に経営継承を行った生産者から、経営継承で苦労したこと等についての講演を行われました。講演では活発な質疑応答や意見交換が行われました。

参加した生産者からは「穴あけ機による排水性対策は簡易に出来て効果が高そう」、「これから経営継承を予定しているため、先輩の話は参考になった」などの声が聞かれました。

普及指導センターは、今後も若手生産者を支援し、経営基盤の強化を目指します。

穴あけ機による排水性対策実演の様子。ほ場で穴あけ機で穴をあける様子を周囲の生産者が見ている。
普及指導センターからの説明の様子。資料をもとに前で普及指導センター職員が説明しており、それを生産者が聞いている。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。