ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > キク環境制御グループ勉強会を開催

本文

キク環境制御グループ勉強会を開催

更新日:2021年1月20日更新 印刷

炭酸ガス施用技術の普及を目指して

JAふくおか八女電照菊部会及びプリンセスマム部会では、今年からキクの炭酸ガス施用試験を行っています。そこで普及指導センターでは、両部会の試験を共有し、将来の普及を目指し、炭酸ガス施用や環境制御に興味がある生産者を集めた合同の研究グループを結成しました。令和3年1月13日に第1回勉強会を開催し、生産者と関係機関あわせて15名の参加がありました。

勉強会では炭酸ガス施用を行っている生産者のほ場6か所を巡回し、生育状況を確認しながら炭酸ガス施用の方法や、施用機の機種による特性等について意見交換を行いました。普及指導センターはハウス内炭酸ガス濃度推移データを示し、どの時間帯に光合成に必要な炭酸ガスが不足するのか説明しました。

参加した生産者からは「より低コストで効果が高い炭酸ガス施用方法を考えていきたい」、「炭酸ガス施用を行っていないので、まずは安価な機械で試してみたい」といった声が聞かれました。

普及指導センターは今後も関係機関と連携し、炭酸ガス施用技術の普及による農家所得向上を目指して、関係機関と連携し活発なグループ活動が出来るように支援していきます。

キクのほ場内で普及指導員の説明を熱心に聞く生産者

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。