ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > かんきつ部会青年部、果実品評会を開催

本文

かんきつ部会青年部、果実品評会を開催

更新日:2020年12月9日更新 印刷

~第2回M-1グランプリ~

 JAふくおか八女かんきつ部会青年部は、令和2年12月5日(土曜日)に立花町北山選果場で「第2回M-1グランプリ」と題して果実品評会を開催しました。本品評会は、青年部員相互のみかん生産技術を競うことで部員の技術および意識向上を目的に、昨年から開催されています。今回は、青年部15人とかんきつ部会役員7人が参加しました。

 JAふくおか八女では光による非破壊式糖度センサーを選果場に導入し、高糖度みかんを「華たちばな」としてブランド販売しています。ブランドみかんは高単価で取引されるため、各生産者はシートマルチ栽培や品種更新など糖度向上に努めています。

 本品評会では、出品された果実に愛媛や静岡、長崎のブランドみかんを加え、出品者を伏せた状態で糖度と食味の両面から評価しました。審査の結果、野中真太郎氏がグランプリを獲得し、松崎部会長から「今後も、みかんの最需要期である12月に他産地の果実に負けない品質の高い果実が生産できるように取り組んでほしい」との言葉がありました。

 八女普及指導センタ-では、今後も関係機関と連携し高品質なカンキツの生産支援を行っていきます。

果実の食味評価
今回優勝した野中氏の表彰

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。