ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 八女地域で「花いっぱいプロジェクト」第二弾!

本文

八女地域で「花いっぱいプロジェクト」第二弾!

更新日:2020年4月30日更新 印刷

~新型コロナで苦戦する地元産花きを応援~

新型コロナウイルスによる4月上旬の緊急事態宣言以降、花の単価は過去10年で最安の価格水準まで急落したことで、切り花産地である八女地域では、多くの花き生産者が厳しい局面に立たされています。

八女地域農業振興推進協議会花き部会(以下、「花き部会」)では、地元産の花きを応援する「花いっぱいプロジェクト」を3月より開始し、4月27日に2回目の花束斡旋を行いました。

今回は、関係7機関(八女市、筑後市、広川町、JA八女、農業共済、筑後農林、八女普及セ)から第一弾の注文を上回る計513束の予約がありました。このため、花束配布の際には、応援へのお礼を兼ねた「花材紹介」のチラシを添えて、届けました。

花き生産者からは、「このような応援もいただいているので、コロナに負けずに頑張りたい」との声があり、また花束を受け取った関係機関の職員からは「前回の花束とは違った印象で、八女地域にはいろいろな花があるのだと実感した」といった声がありました。

八女普及指導センタ-は、今後とも関係機関と連携し、花きの消費拡大や生産振興を図っていきます。

【花束に使用した地元産の花材】
第一弾 オリエンタルユリ、キンギョソウ、スプレーギク
第二弾 ニゲラ、トリフォリウム、ダイアンサス、スカビオサ、レースフラワー、スモークグラス、ヒメヒマワリ

 

花束に添付したチラシ(応援お礼と花材紹介)
地元花屋から花束を受け取る職員

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。