ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > ハウスミカンの選果が開始されました

本文

ハウスミカンの選果が開始されました

更新日:2020年7月13日更新 印刷

一足お先に秋の味覚をお届け

 JAふくおか八女かんきつ部会では、令和2年6月30日からハウスミカンの集荷、7月3日からは選果が開始されました。

 JAふくおか八女かんきつ部会温室みかん研究会(以下、「研究会」)では、5名の生産者がJAふくおか八女や八女普及指導センターを交えて定期的に生育の状況や管理方法などについて情報交換を行っています。販売は業者と直接取引で行われるため、要望された数量を適切に供給する必要があり、研究会は全員で協力して高品質な果実の安定供給に取り組んでいます。選果初日は、研究会の全員で選果されている果実の品質と出荷基準を確認しました。

 選果場では選果員が浮皮果や傷果などを目視で取り除いた後、大きさ別に機械で振り分けられます。この際、全ての果実は糖度や酸度が計測されます。その結果、今年も糖度の高い果実に仕上がっていました。選果された果実は取引先に出荷され、通信販売などを通じて全国の家庭に届けられます。

 八女普及指導センタ-では、今後とも関係機関と連携しカンキツの生産支援を行っていきます。

選果員により選別を受ける果実
ハウスミカンの着果状況

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。