ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 障がい福祉 > 障がい福祉情報 > 結核児童の療育医療を受けるには

本文

結核児童の療育医療を受けるには

更新日:2017年4月1日更新 印刷
 結核にかかっている18歳未満の児童が入院して長期療養を必要とする場合は、治療を行いながら学校教育を受ける必要があります。
 指定医療機関に入院したときは、治療費を公費で負担するとともに日用品、学用品を支給する療育医療という制度があります。
 ただし、生活保護世帯は、全額公費で負担しますが、その他は家族の収入に応じて一部自己負担があります。
 

問い合わせは、保健福祉環境事務所

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。