ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 入札・公募 > 「保健環境研究所基本計画策定支援及びPFI導入可能性調査業務委託」公募型プロポーザルについて

本文

「保健環境研究所基本計画策定支援及びPFI導入可能性調査業務委託」公募型プロポーザルについて

更新日:2021年4月13日更新 印刷

プロポーザル審査結果について

 プロポーザル審査会(令和3年4月8日開催)において、提案者へのヒアリングを実施し、受託候補者を決定しました。

プロポーザル審査結果はこちら [PDFファイル/77KB]

審査会設置要綱 [PDFファイル/144KB]

質問回答について

 質問に対する回答はこちらをご覧ください。(3月10日17時)

質問に対する回答はこちら [PDFファイル/84KB]

公募概要

1 業務の概要

(1)業務の名称

 保健環境研究所基本計画策定支援及びPFI導入可能性調査業務委託

(2)業務の目的

 保健環境研究所は、建設後約50年が経過し、老朽化が進んでおり、新興感染症や地球温暖化等に係る新たな課題に対し、現在の研究所の施設・設備では十分な対応ができないため、実験室や研究室などの室数や面積の拡張、高度なセキュリティ設備の設置等が不可欠である。また、今般、新たな感染症への対策の重要性が増し、ワンヘルスの理念を踏まえた分野横断的な調査研究等の強化が求められている。

 そうした中、令和2年度は、保健環境研究所の建替えに向け、当研究所がより安全性が高く、その役割に相応しい施設となるために必要となる機能や施設設備、ワンヘルスに関する取組事例等について、他研究所等の調査を行い、今後の課題、検討事項等を整理しているところである。

 本業務は、これらを踏まえ、保健環境研究所が従来の業務を適切にできるよう、また、ワンヘルスの理念を実践する中核的な拠点施設となるよう、研究所に必要となる機能や、関係施設との連携、建設候補地等について具体化する「保健環境研究所基本計画(以下「基本計画」という。)」を策定するための支援として、調査・検討等を行うとともに、整備、運営等について、民間の資金や経営能力等を活用するPFI手法導入可能性を調査することを目的とする。

(3)業務内容

 仕様書のとおり

(4)契約期間

 契約締結日から令和4年3月31日まで

(5)予算額

 36,135千円(消費税及び地方消費税を含む。)

 この上限額を超える提案は無効とする。

(令和3年度当初予算の成立を前提としており、予算の成立状況によっては変動する場合があります。)

2 スケジュール(予定)

(1)公募開始 3月1日(月曜日)
(2)質問書の受付期限 3月22日(月曜日)午後5時まで
(3)企画提案書等提出期限 3月29日(月曜日)正午まで
(4)審査会開催 3月30日(火曜日)予定
(5)審査結果の公表 4月上旬予定
(6)契約締結等の協議及び見積り依頼 4月中旬予定
(7)契約締結 4月中旬予定

3 参加資格要件

 次に掲げる要件をすべて満たす者であること。

(1)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4(一般競争入札の参加者の資格)の規定に該当する者でないこと。

(2)「福岡県物品購入等に係る物品業者の指名停止等措置要綱」に基づく指名停止期間中でない者。

(3)「福岡県建設工事に係る建設業者の指名停止等措置要綱」に基づく指名停止期間中でない者。

(4)福岡県暴力団排除条例(平成21年福岡県条例第59号)に定める暴力団員又は暴力団もしくは暴力団員と密接な関係を有する者でないこと。

(5)会社更生法(平成14年法律第154号)の規定による更生手続開始の申立てが行われた者、民事再生法(平成11年法律第225号)の規定による再生手続開始の申立てが行われた者、破産法(平成16年法律第75号)の規定による破産手続開始の申し立てが行われた者のいずれにも該当しないこと。

(6)国税及び地方税を滞納していないこと。

(7)監督官庁より、業務停止処分又は業の免許若しくは登録の取消処分を受けていないこと。

4 参加条件

(1)本業務を的確に遂行する能力と体制を有し、かつ業務を円滑に遂行するための必要な経営基盤を有していること。

(2)応募は、1者による単独提案あるいは複数事業者による共同提案とする。

なお、共同提案の場合は、代表者を1者選定することとし、代表者と全ての構成員が「5 参加資格要件」を満たさなければならない。また、共同事業体結成届(様式第4号)を提出するものとする。

(3)平成22年4月1日以降に、地方公共団体、国(独立行政法人等含む)又はその他の公的機関による以下の業務を受託し、完了した実績を有する者であること。

  • 「BSL3実験室もしくはBSL4実験室を有する研究所」の整備事業(新築、改築、増築、大規模改造、大規模改修)に係る計画策定、調査検討等の業務
  • PFI方式を活用した事業の導入可能性調査業務又はアドバイザリー業務

(4)過去に、(3)の業務に従事し、完了した実績を有する者を1名以上配置できること。

(5)令和3年1月5日に公布された「福岡県ワンヘルス推進基本条例」を十分理解し、県との協力・連携及び個人情報保護の体制を構築できる者であること。

5 応募手続等

(1)企画提案書作成等に関する質疑応答

(1)提出方法 質問がある場合は、質問書(様式第1号)を電子メールにより提出してください。提出後は、必ず電子メールを送付した旨を電話で連絡してください。電話、FAXによる質問は受け付けません。
(2)提出期限  令和3年3月22日(月曜日)午後5時まで(必着)
(3)質問への回答 質問者名を伏せて福岡県ホームページに掲載します。 公平性の確保、公正な選考を妨げるおそれがある質問には回答できません。
(4)その他 説明会は行いません。

(2)企画提案書の提出

(1)提出書類

ア 参加申込書兼等企画提案書等届出書 (様式2号)

イ プロポーザル参加資格に関する誓約書 (様式3号)

ウ 『企画提案書等作成要領』に基づく提出書類

(共同事業体名で参加する場合)

上記ア、イ、ウに加え、共同事業体結成届(様式第4号)を提出すること。

なお、会社概要(様式第5号)、業務実績調書(様式第6号)について は代表者及び全構成員分を提出すること。

また、受託候補者に選定された場合、速やかに共同事業体協定書の提出が必要となるので留意すること。

(2)提出期限 令和3年3月29日(月曜日)正午まで(必着)
(3)受付時間 午前9時から午後5時まで(日曜日、土曜日、祝日を除く。3月29日は正午まで)
(4)提出方法 郵送又は持参により提出してください。郵送は書留郵便かこれに準ずる信書便とします。

(3)審査会

(1)開催日 令和3年3月30日(火曜日)予定
(2)開催方法 オンライン開催とします。詳細は提案者に追って連絡します。なお、プレゼンテーションは企画提案書を基に実施してください。

6 本業務に関する詳細事項及び関係書類等

 本業務に関する詳細事項及び関係書類等は下記をご覧ください。

プロポーザル実施要領 [PDFファイル/314KB]

業務仕様書 [PDFファイル/351KB]

質問書 [Wordファイル/51KB]

参加申込書兼企画提案書等届出書 [Wordファイル/27KB]

企画提案書等作成要領 [Wordファイル/28KB]

7 参考資料

  本プロポーザルの関連資料は、下記を参照ください。

1 福岡県保健環境研究所ホームページ

2 福岡県保健環境研究所年報一覧

3 福岡県保健環境研究所パンフレット [PDFファイル/10.33MB]

4 福岡県ワンヘルス推進基本条例(福岡県議会) 

5 福岡県ワンヘルス推進基本条例(PDF)

8 本プロポーザルに関する問合せ及び提出先

 担当部署   福岡県保健医療介護部保健医療介護総務課企画係

 所在地    〒812-8577 福岡市博多区東公園7-7 福岡県庁2階南棟

 電話番号   092-643-3238(直通) FAX 092-643-3241

 電子メール  hosomu@pref.fukuoka.lg.jp

 受付時間   午前9時から午後5時まで(日曜日、土曜日、祝日を除く。)