ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 入札・公募 > 「営繕工事等における情報共有システムのサービス提供業務」受託候補者選定委員会の結果について

本文

「営繕工事等における情報共有システムのサービス提供業務」受託候補者選定委員会の結果について

更新日:2021年9月13日更新 印刷

 

「営繕工事等における情報共有システムのサービス提供業務」受託候補者選定委員会の結果について

 「営繕工事等における情報共有システムのサービス提供業務」受託候補者について、令和3年9月8日(水曜日)に開催した選定委員会において厳正に審査し、参加者6者の中から以下の事業者を選定いたしました。

受託候補者

株式会社建設総合サービス

【公募は終了しました。】営繕工事等における情報共有システムのサービス提供業務の提案を募集します。

 

 福岡県建築都市部営繕設備課及び県営住宅課では、建築及び建築設備の工事並びに設計及び工事監理業務委託(以下「営繕工事等」という。)におけるICT活用による生産性向上の取組として、発注者、設計者、工事監理者及び施工者等の関係者間の調整を円滑にすることを目的に、ASP方式による情報共有システムを導入することを予定しています。

 そのため、令和3、4年度に試行するためのASP方式による情報共有システムのサービス提供の企画提案を公募します。

 

公告日 令和3年8月4日

1 業務名

 営繕工事等における情報共有システムのサービス提供業務

 

2 業務内容

 営繕工事等における情報共有システムのサービス提供業務仕様書のとおり

 

3 業務期間

 受託候補者決定から令和5年3月31日まで

 

4 企画提案公募参加条件

 令和3年8月24日(火曜日)現在において次の条件を満たすこと。なお、受託候補者の決定時点においても同条件を満たすこと。

(1) 「工事施工中における受発注者間の情報共有システム機能要件 2019年版 営繕工事編(平成31年3月国土交通省大臣官房官庁営繕部整備課施設評価室)」に基づく「情報共有システム提供者機能要件 2019年営繕工事編 対応状況一覧表(2021年4月20日更新)」に掲載されているASP方式の情報共有システム(以下「システム」という。)のサービスを提供できること。

(2) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4(一般競争入札の参加者の資格)に規定する入札に参加できない者に該当しないこと。

(3) 福岡県物品購入等に係る物品業者の指名停止等措置要綱(平成14年2月22日13管達第66号総務部長依命通達)に基づく指名停止期間中でない者。

(4) 福岡県暴力団排除条例に定める暴力団員又は暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有するものでない者。

 

5 企画提案公募スケジュール及び公募要領等

(1) 公募スケジュール

項目

日時・期限

公募開始

令和3年8月4日(水曜日)

質問書受付期限

令和3年8月11日(水曜日)15時まで

質問回答日

令和3年8月16日(月曜日)までに回答

参加申込書提出期限

令和3年8月17日(火曜日)15時まで

企画提案書提出期限

令和3年8月24日(火曜日)15時まで

受託候補者決定

令和3年9月上旬(予定)

 

(2) 公募要領等

(修正版)営繕工事等における情報共有システムのサービス提供業務公募要領 [PDFファイル/273KB]

営繕工事等における情報共有システムのサービス提供業務仕様書 [PDFファイル/147KB]

様式第1号(質問書) [Wordファイル/19KB]

様式第2号(参加申込書) [Wordファイル/18KB]

様式第3号(企画提案書) [Wordファイル/36KB]

 

6 提出書類

(1) 質問書の提出

 本公募要領及び仕様書に関する質問がある場合は、令和3年8月11日(水曜日)15時までに、10の電子メールアドレス宛に質問書(様式第1号)を添付して提出し、開封通知の設定を行う等、事務局に電子メールが到達したことを確認すること。

 回答は、質問又は回答の内容が質問者の具体の提案内容に密接にかかわるものを除き、令和3年8月16日(月曜日)までに、福岡県ホームページへの公開により行う。

 

※8月16日追記

質問書(様式第1号)により提出された質問とその回答内容を掲載します。

(修正版)質問・回答一覧 [PDFファイル/257KB]

 

(2) 参加申込書の提出

 企画提案書を提出する場合は、令和3年8月17日(火曜日)15時までに、10の電子メールアドレス宛に参加申込書(様式第2号)を添付して提出し、開封通知の設定を行う等、事務局に電子メールが到達したことを確認すること。

 

(3) 企画提案書の提出

 企画提案書を提出する場合は、令和3年8月24日(火曜日)15時までに、10の電子メールアドレス宛に企画提案書(様式第3号)及び以下の資料を添付して提出し、開封通知の設定を行う等、事務局に電子メールが到達したことを確認すること。

(企画提案書(様式第3号)に添える資料)

・ ≪該当する場合に提出≫企画提案書(様式第3号)の補足資料【ファイル形式:PDF】

・ ≪該当する場合に提出≫「工事施工中における受発注者間の情報共有システム機能要件 2019年版 営繕工事編 対応状況等に関する調査表(2021.8月時点作成版)」【ファイル形式:Excel】

・ システムの概要が分かる資料(パフレット、取扱説明書等)【ファイル形式:PDF】

 

7 企画提案書の作成

 企画提案は、次に掲げる事項を企画提案書(様式第3号)に記入すること。なお、記載した内容については、履行義務が発生することに留意すること。

(1) システムの機能

・ 同等他社の製品と比較し優れている機能等、業務効率化、セキュリティ対策等の観点から自社の情報共有システムにおいて特筆する機能を記入すること。

・ 営繕工事について、対応状況や活用方法の提案を記入すること。

・ 営繕工事の設計業務委託について、対応状況や活用方法の提案を記入すること。

・ 「工事施工中における受発注者間の情報共有システム機能要件 2019年版 営繕工事編(平成31年3月国土交通省大臣官房官庁営繕部整備課施設評価室)」の対応状況を記入すること。

(2) システムの導入実績

 国、都道府県又は政令指定都市が発注した工事又は設計業務委託へのシステム導入実績を記入すること。

(3) システムの使用料

 情報共有システムの使用料を記入すること。

(4) システムのサポート体制

 へルプデスク、システム障害への対応、操作説明会の開催、機能要望への対応、マニュアルの整備・配布方法等の提案を記入すること。なお、ヘルプデスクの設置、システム障害への対応、操作説明会の開催が不可能な場合は、選定の候補から除外する。

 

8 企画提案書の無効

 次のいずれかに該当する企画提案書は無効とする。ただし、正当な理由があると認められる場合についてはこの限りでない。

・ 提出期限を過ぎて提出されたもの

・ 4の条件を満たさない者が提出したもの又は虚偽の記載がなされたもの

・ 7に示す事項を記載していないもの

 

9 注意事項

(1) 秘密の保持等について、手続中に知り得た秘密を他人に漏らしてはならない。

(2) 本件において使用する言語及び通貨は、日本語及び日本国通貨に限る。

(3) 提出された企画提案書の内容について、10の担当部署より問合せを行う場合がある。問合せを受けた場合には、速やかに回答すること。

(4) 企画提案書の提出後において、原則として記載された内容の変更は認めない。ただし、誤植等の軽微なもので、10の担当部署の了承を得た場合のみ、該当部分の再提出を認める。

(5) 提案者に無断で、企画提案書を本件の目的以外には使用しない。なお、情報公開請求を受けた場合は、福岡県情報公開条例(平成13年福岡県条例第5号)に規定する非開示情報に該当するものを除き、開示の対象となる。

(6) 参加者は申請書類提出後、本公募要領及び仕様書についての不明を理由として、異議を申し立てることはできない。

 

10 担当部署

〒812-8577 福岡市博多区東公園7-7

福岡県建築都市部営繕設備課営繕計画係

電話番号:092-643-3744

電子メールアドレス:eisetsu@pref.fukuoka.lg.jp