Skip to content

ふくおかニュース

平成31年1月
タイライオンエアーが福岡-バンコク線の直行便の就航を決定しました

タイライオンエアーが福岡-バンコク線の直行便の就航を決定しました

タイライオンエアーが福岡-バンコク(ドンムアン空港)線の直行便を就航することが決定しました。

福岡空港にとって、平成28年にジェットスター・アジア航空が運休して以来のLCCによるタイへの定期路線の復活となり、タイライオンエアーとしては成田に次いで2番目の日本路線となります。

現在、福岡空港では、タイ国際航空が福岡-バンコク(スワンナプーム空港)線を1日1往復運航しています。今回の就航により、福岡-バンコク線は1日2往復となり、利用者の利便性がますます高まるとともに、福岡県とタイとの交流がさらに深まることが期待されます。

最新のフライトスケジュールなどは、タイライオンエアーのホームページ(新しいウインドウで開きます)でご確認ください。
<福岡-バンコク線の概要>
【就航開始年月日(福岡発着)】平成31年2月16日(土曜日)
【運行便数】毎日1往復
【席数】215席
【フライトスケジュール(日本との時差:-2時間)】
・福岡発バンコク(ドンムアン空港)行き
 月曜日、火曜日、木曜日、土曜日運航:8時25分出発、12時30分到着
 水曜日、金曜日運航:7時55分出発、12時到着
 日曜日運航:7時50分出発、11時55分到着
・バンコク(ドンムアン空港)発福岡行き
 月曜日、水曜日、金曜日、日曜日運航:23時55分出発、翌日7時25分到着
 火曜日、木曜日、土曜日運航:23時40分出発、翌日7時到着


ボーイング社のB737-900で運航します
Back to the top of the page
Registration of Disaster Prevention Mail Distribution System (English)

QR code to access携帯電話でのアクセスにご利用ください

Copyright (C) 2012 Fukuoka Prefecture.All rights reserved.