ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事のふるさと訪問 > 第2回「知事のふるさと訪問」(平成28年6月29日:大木町・大川市を訪問)【通算31回目】

第2回「知事のふるさと訪問」(平成28年6月29日:大木町・大川市を訪問)【通算31回目】

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月22日更新

 小川知事が県内各地に出向き、さまざまな分野で活躍されている皆さんと意見交換を行う 「知事のふるさと訪問」。

 平成28年度の2回目は、古くから農業が盛んで、近年は環境先進のまちとしても知られる大木町と、日本有数の家具の産地で、匠のものづくりの技術が光る大川市を訪問しました。大木町では、子育て支援センター「にこにこ広場」の訪問、おおき循環センター「くるるん」の視察、道の駅おおきの訪問を行いました。大川市では、「古賀政男記念館」の訪問、大川組子の制作体験、若波酒造合名会社の訪問を行い、最後に大木町・大川市で活躍されている女性の皆さんとの対話を行いました。

 この模様は、平成28年7月31日(日曜日)16時54分~17時「福岡県庁知らせた課」(RKB)で放映されます。


大木町役場

 石川潤一町長から、資源循環のまちづくり、農業の振興など、大木町の施策について説明を受けました。

石川町長からの説明を受ける知事集合写真(大木町役場)

 


子育て支援センター「にこにこ広場」

 子育て中の親子が一緒にくつろぎ、支援センター利用者の交流の場となっている「にこにこ広場」。子育て支援センターで行われている取組みや、託児サービスや母子の交流イベントを通じて、子育ての楽しさを伝えているボランティア団体「ねんねこくらぶ」の活動について説明を受けました。また、センターの利用者のお母さんたちから、子育てのエピソードや大木町の子育て環境に対する感想をお聴きしました。

利用者の皆さんとの対話①利用者の皆さんとの対話②利用者の皆さんとの対話③集合写真(にこにこ広場)


おおき循環センター「くるるん」

 「環境のまちづくり」を進める大木町の拠点施設「くるるん」。センターを見学しながら、バイオマスプラントによる生ごみなどの再資源化、施設内で作られた有機肥料の農地還元などの説明を受けました。また、ゴミ回収システムの改善提案やごみ減量化のための方策提言を行っている「ごみゼロプロジェクト委員会」や、各家庭でのごみ減量・リサイクルに取り組む婦人会やシルバー人材センターの皆さんからお話をお聴きしました。

循環センターのメタン発酵槽環境改善に取り組む皆さんとの対話集合写真(くるるん)

 


道の駅おおき

 「道の駅おおき」の特産品直売所「くるるん夢広場」で、大木町特産の農産物について説明をうけ、きのこのもぎとりを体験しました。また、レストラン「デリ&ビュッフェくるるん」では、旬のフルーツを使ったデザートプレートを試食。福岡県の女性農業者の模範でもある道の駅の松藤富士子駅長ときのこの生産法人、農事組合法人モア・ハウスの大藪佐恵子理事長と懇談しました。 

きのこもぎとりギャラリー「モギリー」もぎとりを体験する知事レストランで松藤駅長、大藪理事長と懇談する知事カフェメニュー

 

 

 

 


大川市役所

 鳩山二郎市長から、シティセールスやインテリア産業の活性化など、大川市の施策について説明を受けました。

鳩山市長から説明を受ける知事集合写真(大川市役場)


古賀政男記念館

 生涯で五千曲以上を作曲したとされる昭和の大作曲家、古賀政男。館内を巡りながら、古賀政男の偉業について説明を受けるとともに、山田永喜館長による古賀メロディーのギター生演奏を聴きました。また、隣接する生家(復元)内で、大川市内で建具店を営む「湊屋」の6代目、志岐浩実さんから、福岡県知事指定特産工芸品にも指定されている「大川組子」の説明を受け、実際に制作を体験しました。

山田館長のギター演奏を聴く知事組子の制作体験をする知事集合写真(古賀政男記念館)集合写真(組子体験)

 


若波酒造合名会社

 大正11年創業の若波酒造。アンテナショップや、日本酒の製造工程について説明を受け、搾り工程全体を冷蔵化した施設などを見学しました。

 「利き酒処」でお酒の説明を受ける知事集合写真(若波酒造)

 


若波酒造合名会社「利き酒処」

 若波酒造内の「利き酒処」で、大木町・大川市内で活躍されている女性の皆さんと対話を行いました。小川知事は「福岡県の人口構成は、20代から上の世代は全て女性が男性を上回っており、女性の皆さんの活躍が活力ある地域づくりには欠かせません。県も女性の活躍をしっかり応援していきます。皆さんには女性の模範として、これからもがんばっていただきたい」と述べました。

 対話参加者の皆さん

  • ぶなしめじやアスパラの生産販売を行う農業組合法人モア・ハウスや、株式会社ビストロくるるんを設立し、道の駅おおき駅長も務める松藤富士子氏
  • あまおうを栽培し、現在は長男とともに農園経営に取り組む大木町認定農業者協議会の池上祥子副会長
  • ふくおか環境マイスター、3Rの達人として、保育園や一般企業などでエコや環境に関する講習を行っているあ~すくらぶの荒木フサヱ代表
  • 九州初の女性杜氏で、あまおうを使ったリキュールなど女性ならではの酒づくりに取り組む今村友香氏
  • 筑後川の恵み「エツ」や大川組子を使った「組子膳」など大川ならではの味わいを提供している料亭旅館三川屋6代目女将、大和寿子氏
  • 自身も家具デザイナーとして女性の感性を活かし、使い手に優しい家具を提案している立野木材工業の立野治美社長           

大木町・大川市で活躍する女性の皆さんとの対話①大木町・大川市で活躍する女性の皆さんとの対話②大木町・大川市で活躍する女性の皆さんとの対話③集合写真(利き酒処)