ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ゲストアルバム > 特定非営利活動法人九州車いすテニス協会の皆さんが訪問されました(平成31年2月15日)

特定非営利活動法人九州車いすテニス協会の皆さんが訪問されました(平成31年2月15日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月15日更新

 2月15日、飯塚国際車いすテニス大会を主催している「九州車いすテニス協会」の皆さんが小川知事を訪問し、平成30年度ふるさとづくり大賞の受賞を報告しました。
 知事は、お祝いの言葉を述べるとともに、飯塚国際車いすテニス大会のさらなる発展を祈念しました。
 県では、「スポーツ立県福岡」を目指して、障がいの有無にかかわらず、誰もがスポーツを楽しめる環境の整備に取り組んでおり、本大会は、その取り組みの原動力の一つになっています。

訪問された皆さんと記念撮影をする知事

(写真左から)九州車いすテニス協会 柳瀬葉子氏、知事、九州車いすテニス協会 前田恵理 副会長、福岡県議会 吉村敏男 議員

※ふるさとづくり大賞
 全国各地で、それぞれのこころを寄せる地域「ふるさと」をより良くしようと頑張る団体、個人を表彰することにより、ふるさとづくりへの情熱や想いを高め、豊かで活力ある地域社会の構築を図ることを目的として、総務省が昭和58年度から実施。
 都道府県から推薦のあった団体、地方自治体および個人の中から、「ふるさとづくり懇談会」の意見を踏まえ、総務大臣が受賞者を決定する。

九州車いすテニス協会の概要と受賞理由 [PDFファイル/566KB]


(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)