ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ゲストアルバム > 一般社団法人イマジンワンワールドの高倉慶応氏が訪問されました(令和元年10月4日)

一般社団法人イマジンワンワールドの高倉慶応氏が訪問されました(令和元年10月4日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月4日更新

 10月4日、一般社団法人イマジンワンワールドの着物プロデューサーである高倉慶応(たかくらよしまさ)氏が小川知事を訪問しました。同法人は、来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、2014年からKIMONOプロジェクト(※)を進めています。
 
 県は、自治体としては初めて、KIMONOプロジェクトのネイションスポンサーとなり、東京オリンピックに向けて県内で事前キャンプを予定するグアムをテーマとした久留米絣の着物、博多織の帯の制作を支援してきました。今回の訪問では、完成したグアムの着物が披露されました。

  知事は「今回制作された着物は、国内外に向けて日本の伝統文化や、伝統的工芸品の素晴らしさをPRする大変貴重なツールとなるものです。このKIMONOプロジェクトを契機に、日本の着物や伝統産業・伝統文化が世界に大きく広がり、伝統的工芸品の一層の振興につながることを大いに期待しています」とあいさつしました。

※ KIMONOプロジェクト
  日本の卓越した染色や織の技を用いて、世界213の国・地域をテーマとした着物を制作することで、日本の伝統産業の振興を図るもの。

集合写真
(写真左から)知事、グアムの着物を着たモデルさん、高倉慶応氏

この情報に関連する情報