ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 「在宅ホスピスフェスタ2019」の開催について

「在宅ホスピスフェスタ2019」の開催について

印刷用ページを表示する 発表日:2019年3月5日 11時00分
担当課:
高齢者地域包括ケア推進課
直通:
092-643-3275
内線:
3161、3162
担当者:
北林、平野

 

 内閣府のアンケート調査では、治る見込みがない病気になった場合の最期を迎えたい場所として、約55%の方が「自宅」を希望するなど、在宅での療養には高いニーズがあります。

 県では、「住み慣れた家で残された日々を過ごしたい」と望む方を在宅医療や介護の専門職・ボランティア等が支える「在宅ホスピス」の普及・実現のため、ボランティア団体「ふくおか在宅ホスピスをすすめる会」と協働し、全県的な啓発イベント「在宅ホスピスフェスタ」を開催します。

 「人生の終え方」についての講演や、在宅ホスピスに関わる様々な立場の方によるシンポジウムのほか、管理栄養士、薬剤師によるミニ講座もあります。

1 日時

  平成31年3月24日 日曜日  13時00分~16時30分

2 場所

  エルガーラホール 7階 (福岡市中央区天神1-4-2)

3 主な内容

  (1)講演 ・ シンポジウム (手話通訳あり) 

    基調講演「身終い~人生の終え方 あなたの思い、聞かせてください」

    講師:宇都宮 宏子 氏(在宅ケア移行支援研究所 宇都宮宏子オフィス代表)

    シンポジウム「逝き方から生き方を学ぶ」

    シンポジスト:在宅で家族の看取りを体験されたご遺族、治療中の当事者の方、

            緩和ケア病院の医師、在宅のケアマネジャー

  (2)もしバナカード体験ワークショップ

    ゲームを通じて、人生の最期にどう在りたいかを考える「もしものための話し合い」を体験

  (3)相談コーナー

    在宅医療を支える医療従事者や介護従事者による相談コーナー

  (4)展 示 

    県内で在宅医療に携わる医療・介護関係者やボランティアによる展示 

4 参加費

  無料

5 事前申込 

  不要

6 問い合わせ

  NPO法人 緩和ケア支援センターコミュニティ内(ふくおか在宅ホスピスをすすめる会事務局)
  Tel:092-834-6741
  Fax:092-894-5580

7 主催

  福岡県

  ふくおか在宅ホスピスをすすめる会

この情報に関連する情報