ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > フランス・ドイツで「福岡の八女茶」の常設コーナー及び淹れ方教室を開催!

フランス・ドイツで「福岡の八女茶」の常設コーナー及び淹れ方教室を開催!

印刷用ページを表示する 発表日:2018年11月27日 00時00分
担当課:
農林水産部輸出促進課
直通:
092-643-3525
内線:
3963
担当者:
安武

県では欧州に向けた「福岡の八女茶」の輸出拡大に取り組んでいます。

この取組の一環として、平成28年度から実施している「欧州茶商の招へい事業」で招へいした茶商と連携し、10月のイギリスに続き、フランス・ドイツの茶専門店で八女茶の常設コーナーを設置するとともに、淹れ方教室を開催します。

高品質な「福岡の八女茶」の生産地や歴史、文化に理解を深めていただきながら、欧州における認知度向上と輸出拡大を目指します。

1.フランス

(1)常設コーナーの概要

  期  間:平成30年11月29日~平成31年2月28日

  実施都市:フランス・パリ

  実施店舗:ユニオンティ社の店舗

 ※平成29年度招へいした茶商ピエール・ルブラン氏の店舗

 

(2)淹れ方教室の概要

日  時:平成30年11月29日 

場  所:常設コーナー設置店舗と同じ

受講人数:50人程度(ユニオンティ社の顧客を中心に参加者を募集)

内  容:・日本茶に造詣が深いオーナーのルブラン氏が八女茶の

生産地や歴史・文化の説明や淹れ方を実演。

・実演を見た参加者が実際に八女茶を淹れ、賞味する。

・使用する八女茶は煎茶を予定。

 

 

 

2.ドイツ

(1)常設コーナーの概要

期  間:平成30年12月2日~平成31年2月28日

実施都市:ドイツ・ベルリン

  実施店舗:カフェ「macha(マチャ)-macha(マチャ)

※平成29年度招へいしたロコビズ社の取引先のカフェ

※同カフェマネージャーの田辺氏も平成30年度に招へい

 

(2)淹れ方教室の概要

日  時:平成30年12月2日

場  所:常設コーナー設置店舗と同じ

受講人数:10人程度(カフェ「macha(マチャ)-macha(マチャ)」の顧客を中心に参加者を募集)

内  容:日本茶インストラクターで、ドイツ日本茶大使である田辺(たなべ)結美(ゆみ)氏が八女茶の生産地や歴史・

      文化の説明や淹れ方の実演。

・実演を見た参加者が実際に八女茶を淹れ、賞味する。

・使用する八女茶は煎茶、玉露を予定。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。