ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 国道201号八木山バイパス(4車線化)の新規事業化に対する福岡県知事意見の送付について

国道201号八木山バイパス(4車線化)の新規事業化に対する福岡県知事意見の送付について

印刷用ページを表示する 発表日:2019年3月6日 14時00分
担当課:
県土整備部 道路建設課
直通:
092-643-3660
内線:
4510
担当者:
大石、宮地

国道210号八木山バイパス(4車線化)の

新規事業化に対する福岡県知事意見の送付について

 

 国土交通省から、来年度予算に向けての新規事業化候補箇所となった八木山バイパス(4車線化)について、福岡県知事に対して、新規事業化に対する意見照会がありました。(別添資料参照)

 つきましては、3月5日に知事意見を送付しましたので、お知らせします。

 

【知事意見】

  • 国道201号八木山バイパスについては、平成26年10月の無料化後、交通量が倍増し、片側1車線であることから、朝夕を中心とした慢性的な渋滞の発生や、事故の急増さらに、事故等による長時間の通行止めの発生など、円滑かつ安全な交通の確保に大きな支障をきたしている状況にあります。
  • 筑豊地域と福岡都市圏を結ぶ交通の大動脈である八木山バイパスのこのような状況の解消は喫緊の課題であり、これまで、県議会や関係市町村とともに、政府に対し当該区間の4車線化を要望してきたところです。
  • つきましては、平成31年度において、新規事業化を行い、早期完成供用が図られますよう、特段のご配慮を賜りますようお願い申し上げます。
  • なお、事業の実施にあたり、確実な早期整備の観点から、直轄事業と有料道路事業を組み合わせた整備方式を検討いただき、その料金設定については、平成26年度の無料開放前の料金(普通車:530円)を考慮して、この料金の概ね半額程度といった利用しやすい料金水準となるようお願いいたします。加えて、整備については、筑穂IC以西での交通混雑の実態を考慮し、整備効果を早期に発現させるために、段階的な4車線化の供用を検討いただきますようお願いいたします。

 

 

資料 [PDFファイル/602KB]

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)