ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > タイ王国キングモンクット工科大学の学生が江口副知事を表敬訪問します

タイ王国キングモンクット工科大学の学生が江口副知事を表敬訪問します

印刷用ページを表示する 発表日:2019年5月31日 11時00分
担当課:
国際局地域課
直通:
092-643-3218
内線:
2575
担当者:
秋田

 福岡工業大学と学術協力協定を締結しているタイ王国キングモンクット工科大学の学生が、福岡工業大学への短期留学のために来県する機会を捉え、江口副知事を表敬訪問しますのでお知らせします。


 

1 日 時  令和元年6月4日火曜日 14時00分から14時30分まで

 

2 場 所  特別会議室(県庁行政棟8階)

 

3 来訪者   キングモンクット工科大学ラカバン校学生 20名

(工学部10名、リベラルアーツ学部日本語学科10名)

(引率者)・ キングモンクット工科大学ラカバン校

       電気工学学科長        ソンポット・ポーマイ

      ・ 福岡工業大学 常務理事   大谷 忠彦  ほか4名   

 

4 対応者  福岡県副知事 江口 勝  

 

5 その他  

○キングモンクット工科大学ラカバン校(KMITL)について

・工科系を中心とする10学部のほかに大学院等を有し、学生数約29,000人を擁するタイを代表する大学のひとつ。

・タイ経済界や日系企業に対し、優秀な人材を輩出している。

 

○KMITLと福岡工業大学の交流について

・福岡県とバンコク都との友好提携締結を機に、2008年に福岡工業大学とKMITLが、学術協力協定を締結。以来、学生の交換教育(KMITL学生の短期研修の受入れ、福岡工業大学学生の短期派遣研修の実施)や教職員・研究者間の交流(福工大教員の特別講義派遣、ジョイントセミナー、国際学会の共催)等を実施している。

・両校は、2013年に「ジョイント・プログラム」を改定締結し、2010年にKMITL内に設置された福工大バンコクオフィス(日本語センター)で9ケ月の集中日本語講義を実施したのち、入試を経て福岡工業大学に留学生として受け入れている。

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。