ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 被災したため池の復旧に係る意見交換会の開催について

被災したため池の復旧に係る意見交換会の開催について

印刷用ページを表示する 発表日:2017年11月8日 14時00分
担当課:
農村森林整備課 農地保全係
直通:
092-643-3510
内線:
4026
担当者:
山崎

被災したため池の復旧に係る意見交換会の開催について

 

 平成29年7月九州北部豪雨により、朝倉市を中心に多くのため池で災害が発生しました。

 このため、福岡県では、被災要因を分析し、復旧対策及び今後のため池の安全対策を検討するため、7月24日に関係課からなる「ため池災害対策チーム」を設置しました。

 今回、朝倉市の被災したため池の現地調査を実施した学識経験者を招き、意見交換を行います。

 

1 開催日時及び場所

  日時:平成29年11月14日(火曜日) 10時00分~11時00分(予定)

  場所:県庁北棟3階 行政特33会議室

 

2 内容

  ・ため池の復旧にあたっての留意点及び技術的助言について

      《参考》現地調査結果の公表状況

       農業農村工学会「第一次現地調査報告書(速報)」(学会HPにて公開)

       農研機構「被災ため池に関する調査報告書」(農研機構HPにて公開)

 

3 出席者

  九州大学大学院農学研究院・教授(農業農村工学会調査団団長) 平松 和昭(ひらまつ かずあき)氏

  九州大学熱帯農学研究センター助教(農業農村工学会調査団) 尾崎 彰則(おざき あきのり)氏(注記1参照)

  国立研究開発法人農研機構農村工学研究部門土構造物ユニット長 堀 俊和(ほり としかず)氏

  九州農政局農村振興部農村環境課 地質官(農業農村工学会調査団) 寺田 剛(てらだ たけし)氏

  九州農政局農村振興部防災課(ため池災害対策チーム)

  福岡県農林水産部農山漁村振興課(ため池災害対策チーム)

  福岡県農林水産部農村森林整備課(ため池災害対策チーム)

   (注記1)「崎」は「たつさき」が正です。 

  

4 傍聴について

  会議の傍聴を希望される方は、開会の30分前から会場入口にて受付をすませた上で、係員の指示に従い入場してください。定員は10名とし、希望者が定員を超えた場合は抽選により傍聴者を決定します。(報道機関を除く)

 

5 報道機関の皆様へ

  会議を取材される報道機関の方は、11月13日(月曜日)17時までに担当課に連絡の上、当日9時30分から10時までの間に会場入口にて受付をすませた上で、係員の指示に従い会場に入場してください。

 ※1 会議は公開です。

 ※2 会議終了後、同会議室にて、九州大学大学院農学研究院教授・助教、農研機構ユニット長、ため池災害対策チーム長(農村森林整備課長)が取材に対応します。

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。