ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 「匠の技フェアin北九州」が開催されます。

「匠の技フェアin北九州」が開催されます。

印刷用ページを表示する 発表日:2018年3月2日 11時00分
担当課:
職業能力開発課
直通:
092-643-3603
内線:
4291
担当者:
野田、中野

 福技連マイスター会は、福岡県在住の全技連マイスターが集まり、平成18年に設立された団体です。「匠の技フェア」は、匠の技の実演や展示、体験を通じ、技能の素晴らしさや重要性を広く知っていただき、長年培った技能を後世に伝えることを目的に、平成22年から開催しているもので、8回目となる今回は初めての北九州市での開催となります。

 漆喰塗で有名な小倉城の壁に因んだ左官による古来漆喰技法の実演や西洋料理人による氷の彫刻などマイスターが「匠の技」を披露します。また、からくり屏風や銅板の折鶴、十二単の着付けなどの体験もあり、子どもから大人までお楽しみいただけるイベントとなっています。

 なお、販売コーナーの売上金の一部は、九州北部豪雨災害の義援金として寄付されます。

1 日時

  平成30年3月10日(土曜日)から11日(日曜日) 10時00分から19時00分まで

2 会場

  JR小倉駅JAM広場(北九州市小倉北区浅野1-1-1 JR小倉駅3階)

3 主催者

  福技連マイスター会(092-661-0714)

4 イベント内容(主なもの)

 ○実演・体験

  ・反物から着物を縫う

  ・包丁式(室町時代から続く伝統儀式)

 ・螺鈿(らでん)細工の実演と銅板の折鶴体験

    ・表装の世界。からくり屏風の体験

    ・伝統的な漆喰技法による壁塗り実演

    ・氷の彫刻反物から

 ○展示エリア

  ・福岡県産の花を使ったアレンジ

   ・ゴボウやエビで造った龍のオブジェ

   ・1坪のミニ庭園

   ・天平時代の衣装や十二単、狩衣

   ・タイルで作ったアート絵

 <参考>

 全技連マイスターとは、国が実施する技能検定制度の特級・1級又は単一の試験に合格した技能士で、20年の以上の実務経験と優れた技能及び活動実績を持ち、後進の育成並びに技能の伝承に熱心であると(一社)全国技能士会連合会が認定した技能士のことで、厚生労働大臣が表彰する「卓越した技能者(現代の名工)」の下位に位置づけられています。

  全国で1,502名、福岡県では名65名の方が認定されています。

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。