ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 新型インフルエンザ等対策実地訓練の実施について

新型インフルエンザ等対策実地訓練の実施について

印刷用ページを表示する 発表日:2018年10月30日 11時00分
担当課:
がん感染症疾病対策課感染症対策係
直通:
092-643-3268
内線:
3079・3080
担当者:
長田、中村

 新型インフルエンザ等対策実地訓練の実施について、10月30日11時00分に報道提供しましたのでお知らせします。

平成30年10月30日

新型インフルエンザ等対策実地訓練の実施について

 新型インフルエンザ等が発生した場合は、関係機関が相互に連携し、迅速かつ的確な疫学調査や入院措置を行うことで、患者への速やかな医療提供及び感染症の拡大防止等を図る必要があります。
 そのため、新型インフルエンザ等の県内発生に備え、県と飯塚市立病院及び福岡大学筑紫病院が連携した訓練を実施しますので、お知らせします。

1 日 時  平成30年11月5日(月曜日) 13時00分から17時15分まで

2 場 所  (1)飯塚市立病院(飯塚市弁分633-1)
        (2)福岡大学筑紫病院(筑紫野市俗明院1-1-1)

3 参加機関 飯塚市立病院、福岡大学筑紫病院、嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所、がん感染症疾病対策課

4 訓練の概要
 新型インフルエンザの県内発生早期において、発熱等の症状を呈した新型インフルエンザ疑い患者が、飯塚市立病院を受診したことを想定した訓練を次のとおり実施します。

(1)飯塚市立病院
・患者移送訓練【13時45分頃~14時10分頃】
 嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所が、飯塚市立病院から第二種感染症指定医療機関である福岡大学筑紫病院に患者を移送する。

(2)福岡大学筑紫病院
・患者受入訓練【15時10分頃~15時30分頃】
 患者を受け入れて感染症病床へ入院させる。
※救急患者搬送入口にて嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所から、患者を引き取る場面のみ取材可。

※ 取材にあたっての留意点について
○ 取材スペースの都合上、取材を希望する場合は、11月2日(金曜日)までに、保健医療介護部がん感染症疾病対策課までお申し込みください。
○ 取材の際には、自社の腕章等の着用をお願いします。
○ 取材の際には、医療機関の受診者等のプライバシー保護に、ご理解・ご協力をお願いします。
 また、訓練の妨げとならないようご協力をお願いします。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。