ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 福岡県災害時多言語支援センターを設置します

福岡県災害時多言語支援センターを設置します

印刷用ページを表示する 発表日:2018年4月9日 11時00分
担当課:
国際局国際政策課
直通:
092-643-3201
内線:
2565
担当者:
大井、猪股

大規模災害発生時の多言語支援を可能に!
福岡県災害時多言語支援センターを設置します
-(公財)福岡県国際交流センターと設置・運営に係る協定を締結します-

〇本県における在住外国人の数は年々増え続けており、今後ますます国際化が進展することが見込まれます。一方で、昨今の大規模災害発生時の経験から、災害時の外国人への情報提供の充実が重要な課題として認識されています。
〇本県ではこのような状況を踏まえ、(公財)福岡県国際交流センターと協力して、福岡県災害対策本部の設置時には「福岡県災害時多言語支援センター」を設置し、被災市町村の外国人対応に対する支援を速やかに実施できる体制を整備します。
〇平成30年4月16日(月曜日)、福岡県と(公財)福岡県国際交流センターにより、福岡県災害時多言語支援センターの設置・運営に係る協定の締結式を行います。


〔福岡県災害時多言語支援センターについて〕
○運営主体:福岡県及び(公財)福岡県国際交流センター
○設置時期:福岡県災害対策本部の設置時
○場  所:(公財)福岡県国際交流センター内
○主な業務:(1)被災市町村の外国人対応に係る通訳・翻訳等の支援
        ・外国人の状況に関する被災市町村からの情報収集
        ・被災市町村からの依頼による災害時の情報提供及び避難所運営に関する通訳・翻訳支援  
        ・被災市町村からの依頼による現地への災害時通訳・翻訳ボランティアの派遣
       (2)多言語による災害関連情報の提供
         ・防災メール「まもるくん」英語版による情報提供(平成30年度言語追加予定)
                  ・(公財)福岡県国際交流センターのホームページによる情報提供
※(1)、(2)ともに対応言語は原則、英語、中国語、韓国語、やさしい日本語の4言語。    
   
〔協定締結式の概要〕
1  日 時       平成30年4月16日(月曜日) 15時00分~15時20分
2 場 所       県庁8階 特別会議室
3 出席者    小川 洋(おがわ ひろし)福岡県知事
藤永 憲一(ふじなが けんいち)(公財)福岡県国際交流センター理事長       
4 次第   ・協定締結
        ・挨拶
        ・写真撮影
 
【(公財)福岡県国際交流センターについて】
 福岡県国際交流センターは、本県における国際化の進展の中で、県民主体の国際交流推進の
母体となる組織として平成元年6月に設立されました。相談対応をはじめとする県内在住外国人・
留学生の支援や、県民の国際理解促進、異文化交流などを目的とした様々な交流事業を行ってお
り、日頃から本県の国際交流の主たる拠点として県民の方々から親しまれています。

〔福岡県災害時多言語支援センター設置時フロー〕

福岡県災害時多言語支援センター設置時フロー図
 

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。