ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 災害廃棄物処理に係る研修(図上演習)について

災害廃棄物処理に係る研修(図上演習)について

印刷用ページを表示する 発表日:2018年2月8日 11時00分
担当課:
環境部廃棄物対策課
直通:
092-643-3363
内線:
3453
担当者:
森永、吉瀬

 

 本県では、平成28年3月に策定した福岡県災害廃棄物処理計画に基づき、災害廃棄物処理に係る体制整備を進めており、それに携わる市町村等職員の人材育成の一環として、今般、新たに、災害廃棄物処理に係る研修(図上演習等)を開催することとしましたので、お知らせいたします。

 なお、本県で災害廃棄物処理に係る研修において図上演習を実施するのは、今回が初めてとなります。

(1) 目的 

 近年、熊本地震や平成29年7月九州北部豪雨災害等の大規模災害において、大量の災害廃棄物が発生していることを踏まえ、この災害廃棄物を迅速かつ適切に処理を行うための人材育成が急務となっています。

 このため、災害廃棄物処理に関する講義形式での研修会を平成29年6月に実施しています。今回の研修では、より実践的な対応能力を向上させることを目的として、講義だけでなく、討論型の図上演習を実施します。

 

(2) 内容

  【日 時】平成30年2月13日(火曜日)10時~15時45分

  【場 所】福岡県庁行政棟 3階 講堂

  【参加者】市町村、一部事務組合、廃棄物関係事業者団体及び県庁内関係所属の職員 約60名

  【内 容】

    ・講義「災害廃棄物処理の初動対応」

                   名古屋大学災連携研究センター准教授 平山(ひらやま) (なが)(ひさ)

 

    ・討論型図上演習(参加型研修)

         災害廃棄物処理において想定されるケースを想定し、その際に必要となる具体的な行動等について、

       グループの中で参加者同士による議論を行います。   

 

      ※  この他、九州北部豪雨災害における廃棄物処理についても説明し、今後の参考としてもらうこととしています。

 

   ※ この事業は、環境省事業である「災害廃棄物処理に関する人材育成事業」を活用して、実施するものです。