ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > Ruby技術者による世界最大級の国際カンファレンス「RubyKaigi 2019」の福岡県開催が決定しました!

Ruby技術者による世界最大級の国際カンファレンス「RubyKaigi 2019」の福岡県開催が決定しました!

印刷用ページを表示する 発表日:2018年6月2日 00時00分
担当課:
新産業振興課
直通:
092-643-3445
内線:
3782
担当者:
見雪、西山

  Ruby技術者による世界最大級の国際カンファレンス 「RubyKaigi 2019」の福岡開催が決定しました

 「RubyKaigi(ルビーカイギ)」は、毎年、国内外のRuby技術者約1,000名が参加し、3日間にわたり最新技術動向に係るセッションや参加者交流イベントが催される、Rubyに関する世界最大級の国際カンファレンスです。本日18時に、次回の「RubyKaigi」が福岡県で開催されることが決定しましたので、お知らせします。
 ※6月2日、仙台国際センターで開催されている「RubyKaigi 2018」のクロージングセレモニーにおいて、次回開催が福岡県であることが発表されたもの。

  Rubyとは、まつもとゆきひろ氏が開発した国産のプログラミング言語です。これまでに、Twitter、Airbnb、Uber、クックパッドなど、革新的なプロダクトを生み出してきました。
 本県では、Rubyにいち早く着目し、産学官連携組織である「福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議」(会員数:767)を中心に、「Ruby・コンテンツ産業」の育成・集積を図ってまいりました。
 この結果、本県は、全国有数のRubyコミュニティが形成され、「Fukuoka.rb(フクオカ・ドット・アールビー)」など、民間主導のRubyコミュニティ活動も活発な地域となっています。

 こうしたことが評価され、本県での開催が決定したものであり、この機会を捉え、本県の取組みをしっかりとPRしてまいります。

【福岡大会】

 期 間  平成31年4月18日(木曜)~20日(土曜)

 会 場  福岡国際会議場(福岡市博多区石城町2-1)

【RubyKaigiの開催概要】

 主催者  一般社団法人日本Rubyの会(代表理事:高橋征義)

 開催地  平成26年度までは東京都

       平成27~28年度:京都市
       平成29年度:広島市

       平成30年度:仙台市
 参加者  約1,000名

福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議の概要

○設  立:平成24年7月

 

○名誉会長:小川 洋(福岡県知事)

 

○会  長:杉山知之(デジタルハリウッド大学・大学院学長)

 

○特別顧問:まつもとゆきひろ(Ruby開発者)

 

○顧  問:楽天(株)、グリー(株)、ニフティ(株)、(株)カカクコム等ユーザー企業計66社・団体

 

○会  員:767企業・団体(平成30年5月28日現在)

 

○事 務局:福岡県商工部新産業振興課

 

○事業展開:

・Rubyを始めとしたソフトウェア製品の開発支援

・ 福岡県Ruby・コンテンツ産業振興センターを拠点としたレンタルオフィスの提供や

コミュニティ活動の支援

・ビジネスプロデューサーによる市場展開支援

 ・大型展示会への出展支援

・最新動向を発信する「Ruby・コンテンツフォーラム」の開催

記者提供資料

Ruby技術者による世界最大の国際カンファレンスの福岡県開催決定について [PDFファイル/98KB]

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)