ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 「福岡国際女性シンポジウム」を開催します!  「ウーマノミクス」の提唱者、キャシー松井さんが登壇します

「福岡国際女性シンポジウム」を開催します!  「ウーマノミクス」の提唱者、キャシー松井さんが登壇します

印刷用ページを表示する 発表日:2016年7月19日 14時00分
担当課:
人づくり・県民生活部男女共同参画推進課女性活躍推進室
直通:
092-643-3399
内線:
2947
担当者:
徳永・三井

〇 福岡県では、総合計画において「女性がいきいきと働き活躍できること」を重要な柱の一つとして掲げ、女性の更なる社会進出を推進し、女性が多様な分野で能力を発揮するための様々な取組みを進めています。本年4月には、男女共同参画推進課内に「女性活躍推進室」を設置し、更なる「女性の活躍」推進に取り組んでいます。

 

〇 わが国の人口構成を見ると、全国では50歳代から女性が男性の数を上回りますが、福岡県では20歳代から上回っています。また女性社長の割合が約13%と全国的にも高い水準にあるほか、全国に先駆けて経済界主導による「女性の大活躍推進福岡県会議」が設立されています。女性の活躍が本県の発展の鍵を握っていると言うことができます。

 

〇 「女性が元気に活躍する福岡県」を国際社会に対してアピールするとともに、グローバルな視点から、女性の活躍は社会の発展や成長に不可欠であるとの認識を広めるため、「福岡国際女性シンポジウム」を開催します。

 

〇 第3回目となる今回のシンポジウムでは、女性の活躍と経済発展の関係などについての基調講演のほか、ラウンドテーブル型セッションでは、特に「アジアの経済発展」及び「次代を担う人材の育成」の視点に立ち、様々な立場の登壇者が議論を行い、本県における女性活躍の機運を醸成します。

 

〇 世代や職業の垣根を超えた議論に触れて、男女がともに活躍する未来の福岡のために何ができるのか考える絶好の機会です。皆さんのお越しをお待ちしています!

 

1 日 時    平成28年9月17日(土曜日) 14時~17時45分  ※交流会(希望者のみ) 18時~19時30分

2 場 所     グランドハイアット福岡(福岡市博多区住吉1-2-82)

3 参加費    無料(交流会に参加される場合は、参加費が必要です。)

4 内 容     基調講演、ラウンドテーブル型セッション、総括 (日英同時通訳あり)

  (1)開会式・基調講演(定員300人)

      開会挨拶  小川洋福岡県知事

       基調講演  キャシー松井さん (ゴールドマン・サックス証券株式会社副会長)

 (2)ラウンドテーブル型セッション(経済テーブル・学生テーブル、定員各150人)

  (3)総括(定員300人)

  (4)交流会(希望者のみ)   参加費:一般3,000円、学生1,500円  

5 申込み    参加には事前申込みが必要です。(9月14日(水曜日)まで、必着) 

 専用ホームページから(新しいウィンドウで開きます)

 ファックス(092-724-0227)または電話(092-724-3226)でも受け付けます。

 ※無料託児あり(9月2日(金曜日)までに事前申込みが必要)

 

 

 

 

(昨年度のシンポジウムの様子)

(昨年度のシンポジウムの様子)

 

※ 詳細は、チラシのとおり

  チラシ オモテ [PDFファイル/2.42MB]

  チラシ ウラ (Fax申込みシート) [PDFファイル/2.85MB]

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)