ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 平成30年度第2回「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群保存活用協議会を開催します~「海の道むなかた館」の新たな世界遺産ガイダンス機能の運用を開始します~

平成30年度第2回「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群保存活用協議会を開催します~「海の道むなかた館」の新たな世界遺産ガイダンス機能の運用を開始します~

印刷用ページを表示する 発表日:2019年2月26日 11時00分
担当課:
人づくり・県民生活部文化振興課世界遺産室
直通:
092-643-3162
内線:
2844
担当者:
仲谷

(沖ノ島)

(沖ノ島)


 

  • 平成29年7月に「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群が世界遺産に登録されたことを受け、同年10月に福岡県、宗像市、福津市、宗像大社で構成する「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群保存活用協議会を設置し、本遺産群の保存活用に関する方針決定及び調整を行っています。

  • このたび、平成30年度第2回協議会を開催しますので、お知らせします。
     
  • また、世界遺産ガイダンス施設としての機能を持つ「海の道むなかた館」において、平成31年3月1日より、デジタルサイネージや多言語対応による世界遺産解説コーナーのほか、地形の変遷と遺跡の関係を紹介するプロジェクションマッピングや今年度順次公開してきた大型スクリーンの映像プログラムシリーズの運用を開始します。

1 日    時   平成31年3月1日(金曜日)16時45分から17時30分

2 場    所   海の道むなかた館 講義室(宗像市深田588)

3 主な出席者  福岡県知事   小川 洋
            宗像市長     伊豆 美沙子
            福津市長     原崎 智仁
            宗像大社宮司 葦津 敬之
            ※原崎福津市長の「崎」は、「立つ崎」です。

4 次    第  (1)議事
           (2)展示視察
           ・エントランスホール
            世界遺産解説コーナー
           ・展示室
            景観マッピングビジョン
            大型スクリーン映像プログラム

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。