ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 令和2年度県立高等学校等入学定員について

令和2年度県立高等学校等入学定員について

印刷用ページを表示する 発表日:2019年10月2日 15時00分
担当課:
教育庁高校教育課
直通:
092-643-3904
内線:
5496
担当者:
田中

令和2年度県立高等学校等入学定員について

令和2年度県立高等学校等入学定員について(資料) [PDFファイル/1.29MB]

エクセルファイル形式での入学定員一覧はこちらをクリックして下さい。

 

1 令和2年3月の中卒者の見込み

 令和2年3月の本県の中学校卒業見込者数は約45,200人であり、本年3月実績約45,500人と比較すると、約300人減少するものと見込まれている。(資料1ページ)

2 令和2年度県立高等学校入学定員

 上記中卒見込者数を踏まえて、公立と私立それぞれが受入れを図ることにより、令和2年度の県立高校全日制の入学定員は、中等教育学校後期課程を含めて、全体で22,240人(556学級)となっている。

 本年度と比較すると120人(3学級)の減である。

 内訳は、普通科で120人(3学級)の減となっている。(資料2ページ、3ページ)

 

 定時制の入学定員は、本年度と比較すると40人(1学級)の減である。

 内訳は、単位制である博多青松高校の普通科で40人(1学級)の減となっている。(資料2ページ、3ページ、10ページ)  

 

 通信制については、本年度から変更はない。(資料2ページ、3ページ)

 

 県立中学校及び県立中等教育学校は、本年度から変更はない。(資料11ページ)

 

 注記

  全日制課程の入学定員の一覧(資料4~8ページ)について、中高一貫教育を行う育徳館高校(5学級、200人)、門司学園高校(4学級、160人)、宗像高校(8学級、320人)、嘉穂高校(8学級、320人)の入学定員は、育徳館中学校、門司学園中学校、宗像中学校、嘉穂高等学校附属中学校からそれぞれ進学する生徒を含めた人数である。

 また、輝翔館中等教育学校(3学級、120人)は後期課程(高等学校相当)での募集を行わないため、この一覧には記載していない。

3 令和2年度市(組合)立高等学校入学定員

 市(組合)立高等学校は、全体で2,240人(56学級)となっている(本年度と比較すると40人(1学級)の減)。

 北九州市立高校の情報ビジネス科で40人(1学級)の減となっており、併せてコースに分けての募集を停止する。(資料12ページ)

4 学科名の変更等について

 県立田川科学技術高校において、「生命科学科」を「農業食品科」に、「システム科学技術科」を「工業システム科」に変更する。なお、「工業システム科」については、「機械・電気コース」と「建築・土木コース」に分けて募集を行う。(資料13ページ)

 

 県立遠賀高校の普通科において、定員設定を「コースごとの設定」から、3コース「一括設定」に変更する。(資料13ページ)

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)