ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 九州工業大学「Hibikino-Musashi@Homeチーム」がロボカップ世界大会二連覇を小川知事に報告します!

九州工業大学「Hibikino-Musashi@Homeチーム」がロボカップ世界大会二連覇を小川知事に報告します!

印刷用ページを表示する 発表日:2018年7月25日 00時00分
担当課:
商工部新産業振興課
直通:
092-643-3445
内線:
3776
担当者:
小野、村上

九州工業大学「Hibikino-Musashi@Homeチーム」がロボカップ世界大会二連覇を小川知事に報告します!

 今年6月18日(月曜日)~22日(金曜日)の5日間、最先端のロボット技術を競う「ロボカップ2018世界大会」がカナダのモントリオールにおいて開催されました。

 このイベントは、世界35の国・地域から4,000人の研究者や学生が競技に参加する世界的なロボットの祭典です。

 九州工業大学「Hibikino-Musashi@Home(ヒビキノ・ムサシ・アットホーム)チーム」は、生活支援ロボットで競う「@ホーム標準機部門」に出場し、見事、世界一を獲得しました。

 同チームは昨年名古屋で開催された『ロボカップ2017世界大会』でも優勝を果たしており、二連覇の快挙となります。

 この九州工業大学「Hibikino-Musashi@Homeチーム」の皆さんが、8月1日(水曜日)に知事を訪問し、世界大会二連覇の報告を行います。

 当日は、実際にロボカップに出場した生活支援ロボットHSR(Human Support Robot)によるデモンストレーションも予定しています。


1 日  時

  平成30年8月1日(水曜日) 10時40分~11時00分

 

2 場  所

  県庁8階 特別会議室

 

3 出席者

  九州工業大学

    理事・副学長        延山 英沢(のぶやま えいたく)氏

   大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻

    教  授           柴田 智広(しばた ともひろ)氏

    准教授           田向 権(たむこう はかる)氏

   大学院生命体工学研究科 生命体工学専攻

    博士後期課程2年    石田 裕太郎(いしだ ゆうたろう)氏

   大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻

    博士前期課程2年    橋本 康平(はしもと こうへい)氏

    博士前期課程2年    新谷 嘉也(あらたに よしや)氏

    博士前期課程1年    阿部 祐志(あべ ゆうし)氏

    博士前期課程1年    小野 智寛(おの ともひろ)氏

  福岡県 知事         小川 洋(おがわ ひろし)

       商工部長       岩永 龍治(いわなが りゅうじ)

       新産業振興課長  初田 寿(はつた ひさし)

 

4 次 第

 (1)出席者紹介

 (2)延山理事・副学長による優勝報告

 (3)小川知事挨拶

 (4)学生によるデモンストレーション及び解説

 (5)写真撮影

 

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。