ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 緊急特別融資枠を創設し、中小企業支援を実施~平成30年7月豪雨で被災された中小企業の経営回復を支援します~

緊急特別融資枠を創設し、中小企業支援を実施~平成30年7月豪雨で被災された中小企業の経営回復を支援します~

印刷用ページを表示する 発表日:2018年8月3日 14時00分
担当課:
商工部中小企業振興課
直通:
092-643-3424
内線:
3666
担当者:
酒谷、冨崎

緊急特別融資枠を創設し、中小企業支援を実施
~平成30年7月豪雨で被災された中小企業の経営回復を支援します~

  • 平成30年7月豪雨により、県内の広い範囲で中小企業に被害が生じています。
    被害額は、7月23日現在、6億円程度となっております。
  • このため、県では、相談窓口を設置するとともに、低利融資の実施や返済条件の緩和措置などを行なってまいりました。
  • これに加え、本日、県の制度融資である緊急経済対策資金に、融資条件をより有利にした「緊急特別融資枠」を創設し、施設・設備の復旧を強力に後押しすることとしました。
  • 具体的には、
    (1)融資限度額は3千万円
    (2)金利は、「緊急経済対策資金」よりも引き下げて0.9%
    (3)保証協会への保証料は、全て県が補てんし、中小企業の負担は0としています。
  • 被災中小企業が一日も早い経営回復を図ることができるよう、全力で取り組んでまいります。

緊急経済対策資金「緊急特別融資枠」の概要

  (1)融資対象 平成30年7月豪雨災害に係る被災中小企業
  (2)資金使途 復旧に要する設備資金、運転資金
  (3)融資利率 0.9%  <通常利率1.3%から0.4%引下げ>
  (4)保証料率 0%    <所定勝率0.25%~1.62%を全額県が負担>
  (5)限 度 額   3千万円 <既存の融資限度額1億円とは別枠>
  (6)返済期間 10年以内(据置2年以内)
  (7)実施期間 平成30年8月3日~平成31年3月29日
  (8)申 込 先    取扱金融機関、商工会議所、商工会、中小企業団体中央会
    ※市町村等の発行する「罹災証明書」又は「被災証明書」が必要となります。
     (但し、市町村において罹災証明書の発行に時間を要する場合は、後日提出も可)
    ※原則として既存借入れの借換はできません。
    ※飯塚市は、市内の被災企業が本制度を利用する場合、融資実行から10年間、年0.5%の利子に対
          する助成を行います。融資実行から10年間は、実質利率が0.4%になります。