ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 全国削ろう会久留米大会及び匠の技フェアが久留米市で開催されます!

全国削ろう会久留米大会及び匠の技フェアが久留米市で開催されます!

印刷用ページを表示する 発表日:2018年11月6日 15時00分
担当課:
職業能力開発課
直通:
092-643-3603
内線:
4291
担当者:
野田、中村

 

 11月10日(土曜日)、11日(日曜日)の2日間、久留米総合スポーツセンター(久留米市東串原町170-1)に県内外及び海外から優れた技能を持つ職人たちが集結。木造・木工関係の職人等が鉋(かんな)の薄削り技を競う「全国削ろう会久留米大会」と福岡県在住のマイスターによる「匠の技フェア」が同時開催されます。

 間近で卓越した技能に触れることができるほか、鉋(かんな)削りやからくり屏風づくりなどを体験できるコーナーもあり、子どもから大人までお楽しみいただけるイベントとなっています。

 

 〇全国削ろう会久留米大会〇

1 概要

 全国の熟練大工やアマチュア等が一堂に会し、木材を鉋(かんな)でいかに薄く削ることができるかを競う、 500名近い競技者が参加する大規模な大会です。手仕事による伝統的な大工技術が衰退していく中、技術交流と技能の伝承を目的に、平成9年に愛知県で初めて開催されて以来、そのバトンは毎年各地に受け継がれ、34回目を迎える今大会は九州で初の開催となります。 

2 日時

 【予選】 平成30年11月10日(土曜日)11時00分~16時30分 

 【決勝】 平成30年11月11日(日曜日) 9時00分~15時00分

3 場所

  久留米総合スポーツセンター 久留米アリーナ メインアリーナ(久留米市東櫛原町170-1)

4 主催者

  全国削ろう会久留米大会実行委員会(0942-32-9338)

 

 〇匠の技フェア〇

1 概要

  福岡県在住の全技連マイスター(※1)による和裁やイタリア磨き壁等の左官技法の実演や展示、こけ玉つくりやフラワー装飾などの体験を通して、技能の素晴らしさ、大切さを広く知っていただくことを目的に平成22年から開催しているもので、9回目となる今回は初めての久留米市での開催となります。

2 日時

   平成30年11月10日(土曜日)11日(日曜日) 10時00分~16時00分

3 場所

  久留米総合スポーツセンター 久留米アリーナ 武道場 (久留米市東櫛原町170-1)

4 主催者

   福技連マイスター会(092-661-0714)

5 内容

   【実演】四条式包丁式、イタリア磨き壁、和裁、表装

   【体験】あずま袋つくり、ネックカバーつくり、こけ玉つくり、コースターつくり、マイ印鑑つくりなど

   【展示】鏝絵、タイル張りアート、料理素材によるオブジェ、古代衣装

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。