ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 九州芸文館で5周年記念特別展「郷土にのこる卑弥呼・磐井の足跡をたどる展・東アジアとのつながり」が開催されます

九州芸文館で5周年記念特別展「郷土にのこる卑弥呼・磐井の足跡をたどる展・東アジアとのつながり」が開催されます

印刷用ページを表示する 発表日:2019年1月31日 00時00分
担当課:
人づくり・県民生活部文化振興課
直通:
092-643-3346
内線:
2833
担当者:
元田

筑後の地は、(いにしえ)より伝わる歴史ロマンの豊かな地域です。様々な遺産や言い伝えが残されており、卑弥呼と磐井もその一つです。

また、邪馬台国の所在地については多説ある中、筑後の地に邪馬台国があったとする山門説も存在しています。

今回の特別展では、邪馬台国の所在地について諸説を踏まえ、それぞれの主張が描き出すロマンをたっぷりご堪能いただけます。

【特別展の概要】

1 会  期     平成31年2月2日(土曜)~2月24日(日曜)

  休館日:毎週月曜日

(但し、2月11日(月曜・祝日)は開館。翌12日(火曜)は休館)

2 開場時間     10時~17時(入場は、16時30分まで)

3 会  場     九州芸文館(筑後市大字津島1131)大交流室、教室工房1・2

4 観 覧 料     無料

5 主  催     九州芸文館(ちくごJR芸術の郷事業団)

 

【開会式について】

1 日  時  平成31年2月2日(土曜) 9時30分~10時

2 場  所  九州芸文館 大交流室前ホワイエ

3 プログラム  (1)主催者あいさつ 九州芸文館総支配人 本田(ほんだ) (まさ)(のり)

                      (2)来賓あいさつ 福岡県副知事        大曲 昭恵

                                                 福岡県議会議員    藏内(くらうち) 勇夫(いさお)

                            元岩戸山歴史文化交流館館長 太郎(たろう)() (もり)(ゆき)

          (3)テープカット

             ※同時開催、船小屋トリエンナーレ2018表彰式

【この件に関するお問い合わせ】九州芸文館 館長 津留(つる) 誠一(せいいち) TEL:0942-52-6435

「郷土にのこる卑弥呼・磐井の足跡をたどる展・東アジアとのつながり」チラシ [PDFファイル/1.39MB]

「船小屋トリエンナーレ2018」チラシ [PDFファイル/1.22MB]

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)