ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > はかた一番どりを活用して「命の尊さ」や「生物どうしの関わり」を学びます

はかた一番どりを活用して「命の尊さ」や「生物どうしの関わり」を学びます

印刷用ページを表示する 発表日:2018年7月12日 11時00分
担当課:
農林水産部畜産課
直通:
092-643-3497
内線:
3989
担当者:
佐々木、中村

~はかた一番どりを活用して「命の尊さ」や「生物どうしの関わり」を学びます~

 

  「はかた一番どり推進協議会」※では、平成21年度から「はかた一番どり」を題材とした食育に取り組んでおり、平成30年度、農林水産省

主催の「第2回食育活動表彰」において、「消費・安全局長賞」を受賞するなど、その活動は高い評価を受けています。

 今回、小学生を対象に「命の尊さ」や「生物どうしの関わり」を知ってもらうため、福岡市内の小学校で食育講座を開催します。

 ※福岡県農林業総合試験場で開発した「はかた一番どり」の品質管理や消費拡大などを図るため、福岡県、株式会社久留米孵卵場、株式会社あらい、

   JA全農ふくれん、福岡県養鶏協会等で構成。

 

 

1 概 要

(1)日時

    平成30年7月18日(水曜日)  9時20分~11時55分

(2)場所

    福岡市立月隈小学校 けやきルーム

         (福岡市博多区月隈3-30-1) 

(3)内容

 1)テーマ「命の尊さ」 9時20分~ (対象:5年生 79名)

  ・卵の中のひよこの成長について

  ・「はかた一番どり」のふ化体験と、ひよことのふれあい体験

 2)テーマ「生物どうしの関わり」 10時20分~ (対象:6年生 75名)

  ・「はかた一番どり」の食肉生産過程について

  ・解体実演、試食

syokuiku1

      昨年の講座の様子(鶏の解体)

syokuiku2

   第2回食育活動表彰(消費・安全局長賞)

 

2 問合わせ先

  福岡市立月隈小学校  TEL 092-503-5321(担当:教頭 鶴田(つるた)

  ※取材を希望される場合は、事前に問合わせ先まで連絡をお願いします。