ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 平成30年度「生活支援コーディネーターステップアップ研修(第1回)」を開催~市町村の生活支援コーディネーターに実践力を身につけてもらいます~

平成30年度「生活支援コーディネーターステップアップ研修(第1回)」を開催~市町村の生活支援コーディネーターに実践力を身につけてもらいます~

印刷用ページを表示する 発表日:2018年9月21日 14時00分
担当課:
保健医療介護部高齢者地域包括ケア推進課
直通:
092-643-3250
内線:
3158、3159
担当者:
庄嶋、梅岡

 福岡県では、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、高齢者が住み慣れた地域で安心して生活できるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援といったサービスを一体的に切れ目なく提供する「地域包括ケアシステム」の構築を市町村と連携して推進しています。

 その一環として、各市町村においては、地域の実情に応じた生活支援サービスの体制整備の推進に向けて、生活支援サービスの担い手の養成や、地域の要支援者等の支援ニーズと地域資源のマッチングなどを行う「生活支援コーディネーター※(地域支え合い推進員)」の配置が進められています。

 県ではこれまで、市町村が配置する生活支援コーディネーターを養成するため、初任者を対象とした研修を実施してきましたが、移動支援や居場所づくりなど、コーディネーターが今まさに直面している課題を解決し、実践力を身につけてもらうための研修を新たに開催します。

 

※生活支援コーディネーター
地域において、生活支援サービスの提供体制構築に向けたコーディネート業務を実施
[役割](1)生活支援サービスの担い手養成、サービス開発 (2)関係者のネットワーク構築 (3)ニーズとサービスのマッチング

1.生活支援コーディネーターステップアップ研修(第1回)の概要

(1)対象  

生活支援コーディネーター現任者

(2)日時 

平成30年9月27日(木曜日) 10時00分~16時30分  ※受付 9時45分~

(3)会場 

吉塚合同庁舎803会議室(福岡市博多区吉塚本町13−50)

(4)主催  

福岡県

(5)申込み  

各市町村を通しての申込みとなりますので、一般受付は行っておりません。

(6)内容

(1)行政説明「県内の状況と今後の方針」

(2)グループワーク(講師:国の実施した研修を受講した方)
  ・地域資源の把握
  ・6つの政策課題ごとの解決策の検討
   (1.移動支援 2.買物支援 3.協議体の運営 4.住民の主体的な活動の推進 5.居場所づくり 6.家事援助・生活支援)

2.開催予定

 
 日程会場
第1回平成30年9月27日吉塚合同庁舎803会議室(福岡県福岡市博多区吉塚本町13−50)
第2回平成31年1月(予定)福岡市内を予定

 

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。